東京・大阪ピコレーザー対応クリニック » 美肌の味方!お悩みとピコレーザー

美肌の味方!お悩みとピコレーザー

このカテゴリでは、最新のレーザーマシン・ピコレーザーで改善可能な肌トラブルについて調べました。お肌の悩み別に以下のページを設けましたので、要チェック!

シミ・そばかす

紫外線の影響によるエイジング悩みとして筆頭に挙がるのが、シミ。大人になってから発生してしまうそばかすも、深刻な悩みを招く症状のひとつです。従来のレーザー治療でも、シミ・そばかすの治療は行われてきましたが、ピコレーザーに代わることでどのようなメリットが感じられるようになるのでしょうか?リサーチしています。

肝斑

30~40代女性の頬に現れる、厄介なシミの一種として知られているのが、肝斑。通常のレーザー治療では却って症状を悪化させてしまうことがあります。このため、出力を弱めながら緩やかに治療していくことが必要不可欠。ピコレーザーは肝斑にも対応可能かどうか、調査しています。

くすみ

顔全体のトーンを暗く引き下げてしまうのが、くすみ。疲れた老け顔が加速してしまうので、早めに手を打ち、状況を改善していく必要があります。もちろん、ピコレーザーによるアプローチも可能!そのメリットを詳しくまとめています。

毛穴

加齢に伴い気になり始めるのが、毛穴の開き。放置しておくと、どんどん症状が進行して「老け顔街道まっしぐら」という状況になってしまいます。これまでの治療よりもずっと肌に優しい「ピコフラクショナルレーザー」の実力について調査していますので、要注目ですよ。

小ジワ

数が増えるたび、思わずため息まで増えてしまうのが、顔の小ジワ。こちらも早いうちに手を打たないと、真皮層にまで到達して手遅れの状態を招いてしまいます。ピコレーザーの力を借りて、これまでよりずっと早く効果的なアプローチを始めていきませんか?

タトゥー

近頃ではオシャレ感覚で気軽にタトゥーを入れる人も少なくありません。ただ、就職や結婚などのシーンで、タトゥーが入っていると不利になったり、あるいは場の雰囲気に合わないなど、タトゥーを負担に感じるようになる可能性もあります。タトゥーを取り除こうと決めた場合、役立つのがピコレーザーを用いる方法です。ピコレーザーをタトゥーの色素に当て、破壊し、さらに細かい粒子状に粉砕するタトゥー除去方法について説明しています。

ニキビ(ニキビ跡)

10代の頃だけでなく、大人になっても「大人ニキビ」として多くの人が悩まされているお肌トラブルです。ここでは主に、ピコレーザーを用いて、凸凹状に残ってしまったニキビ跡をきれいにしたい人に提案される治療法について説明しています。また、必ずしもピコレーザーを用いなくても、ニキビ跡に働きかける機器もあります。ニキビ跡の赤みに働きかける「VビームⅡレーザー」による治療が可能です。この治療方法についてもリサーチしてまとめています。

色素沈着

なかなか手強く、放っておいても治りにくい場合もある色素沈着への治療方法について紹介しています。そもそも、色素沈着がなぜ起こってしまうのか、その原因とメカニズムをまず整理ました。そのうえで、なぜピコレーザーを照射することが色素沈着に働きかけることができるのかを詳しくリサーチしました。これらのことを理解すれば、今後あらたに色素沈着が起こらないようにするための知識として役立てられるはずです。色素沈着の予防にもつながります。

顔の中で占める面積自体は決して大きくない唇。けれども、唇にもさまざまなトラブルや悩みの原因となる問題が発生します。シミができてしまったり、色がくすんできたり、ハリが損なわれてシワが増えてしまうなど、さまざまです。これらのトラブルの中でも、唇のシミに働きかけてくれるのがピコレーザーです。紫外線などの影響を受けやすい唇はメラニンが生成されやすく、それがシミという結果になってしまうのです。

あざ(扁平母斑)

扁平母斑などのあざにアプローチするためにもピコレーザーを用いた治療が行われています。ただ、一般に「茶アザ」とも呼ばれている扁平母斑は、なかなか手ごわいあざで、ピコレーザーを照射しても、なかなか効果が出づらい場合も多くあります。そのため、あまり急がず、ゆっくりと気長に様子をみていくことが必要です。また、保険治療では2回までしかピコレーザーを使用できないなどの問題があるため、自由治療に切り替えているクリニックもあります。

デリケートゾーン

ホルモンバランスの乱れや着用する下着のタイプ、または紫外線などの影響で、デリケートゾーンの皮膚が黒ずんでしまうことがあります。温泉やスポーツジムなどで、他人よりも自分のデリケートゾーンの色が暗いように感じたとしても、なかなか相談しにくいもの。Vラインやお尻など、デリケートゾーンの皮膚の悩みにも、ピコレーザーを用いた治療でアプローチできる場合があります。治療やケアの方法についても紹介しているので、まずは目を通してみてください。

太田母斑

太田母斑を治療する際にも、ピコレーザーが用いられますが、太田母斑は除去するのがそれほど容易ではありません。そのため、一度で効果がでなくても、あせらずじっくりと治療に専念することが大切です。ですから、治療期間や治療後の経過をみるための期間が思ったより長くなっても、照射した部位をこすったりして色素沈着などが起こることのないよう、やさしく肌をケアし続ける必要があります。また、レーザー治療なので、紫外線をできるだけ避けるよう心がけましょう。

蒙古斑

蒙古斑は、保険診療が可能なパターンと、適応できなパターンがあります。お尻や背中下部以外の身体の部分に発生する「異所性蒙古斑」に対しては、一部のレーザー治療は保険適応となります。その治療を受けても効果がみられなかった場合など、費用はかかってしまいますが、もうひとつのオプションとしてピコレーザーを用いる治療を検討してみるのもよいでしょう。ピコレーザーの方が肌へのダメージをおさえやすいというメリットもあります。

赤ら顔

赤ら顔の赤みを抑えるための治療として、レーザー治療が行われる場合があります。レーザー治療に赤ら顔治療のイメージがわかない、という人がいるかもしれません。けれども、赤ら顔の改善を期待できる治療のひとつの選択肢なのです。そもそも、赤ら顔は、顔にある無数の血管が膨張することによって起こる「血液がとどこおっている状態」です。そのため、赤い色素に反応するレーザーを治療に導入するのは理屈にかなっています。より詳しいことは下記ページで紹介しているので、ぜひ目を通してみてください。

お肌の悩みを解決するためのピコレーザーの種類

ピコスポット

ピコスポットとは、ピコレーザーの機器を用いて、主にシミやアザなどに働きかける治療方法です。肌の広い面積の悩みではなく、どちらかというと「このシミを何とかしたい」「このアザを消したい」などのような、ピンポイントに的を絞ってピコレーザーを照射します。かつてはQスイッチレーザーなどを用いて行うのが主流でしたが、最新式のレーザー機器であるピコレーザーができてからは、ピコスポットにより肌への負担が少ない治療も行われるようになっています。

ぜひ各ページの内容に目を通してみてください。ピコレーザーが従来のレーザー治療に比べ、格段にメリットの高いレーザー施術であることが、ご理解いただけると思います!

東京で受けたい!ピコレーザーおすすめクリニック3選 関西で受けたい!ピコレーザーおすすめクリニック3選

【各クリニックのお問い合わせ先】

芦屋美容クリニック:03-6263-8508/ ルーチェ東京美容クリニック:0120-822-188/ 銀座みゆき通り美容外科:0120-858-800/ 東京美容皮膚科クリニック:03-5777-0038/ 湘南美容クリニック 新宿本院:0120-5489-40/ クリニックビザリア:0120-625-257/ 東京皮膚科・形成外科:03-3545-8000/ 秋葉原中央クリニック:0120-119-877/ 秋葉原フロンティアクリニック(旧:秋葉原F2クリニック):03-6206-4420/ 新宿中央クリニック:0120-669-980/ 川崎中央クリニック:0120-190-929/ 四谷見附クリニック:03-5360-7711/ 藤沢美容外科クリニック:0120-569-125/ シャルムクリニック:047-710-7788/ 大宮中央クリニック:0120-077-645/ みずほクリニック:03-3987-1161/ 聖心美容クリニック:0120-509-905/ 東京美容医療 クリニック:03-6709-2656/ 東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ:03-5413-0082/ 芦屋美容クリニック:0797-25-7678/ いっかく皮膚科:079-239-7716/ 大阪雅美容外科:06-6212-9299/ きぬがさクリニック:0210-77-5511/ 神成美容外科:078-242-4380/ 神戸中央クリニック:078-325-1291/ 湘南美容外科 大阪梅田院:0120-548-991/ 心斎橋DualClinicSHINSAIBASHI:0120-968-692/ Wクリニック:06-6244-3030/ ツツイ美容外科:0120-628-144/ 山本クリニック(ソフトメディ):0120-48-43-25


ピコレーザーのタトゥー除去に対する効果