東京・大阪ピコレーザー対応クリニック » 美肌の味方!お悩みとピコレーザー » デリケートゾーン

デリケートゾーン

ピコレーザー治療でデリケートゾーンの黒ずみを解消

なかなか他人に相談しづらいのが、デリケートゾーンのお肌に関する悩みです。「デリケートゾーンが黒ずんでいるような気がするけれど、どうしたらよいか分からない」という人も多いのではないのでしょうか。

【デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因】

  • 妊娠や出産の経験
  • 整理不順がある
  • 通気性の悪い下着を着用が多い
  • 強い紫外線を長期間浴びた

Vラインやお尻などのデリケートゾーンが黒ずんでしまう原因としては、上記のようなものが考えられます。特に、30歳前後の女性の間で悩んでいる人が多くみられる傾向にあるようです。これは、妊娠や出産がきっかけとなったり、生理不順などが起ってしまったりする理由と同様、ホルモンバランスの乱れによるものです。かゆみを感じる場合があっても、黒ずみを悪化させてしまうので、できるだけ掻いてしまうのは避けましょう。

ピコレーザーでデリケートゾーンの黒ずみを改善

★

ピコレーザーは、顔や顔付近の肌の悩みにアプローチしたり、あるいはタトゥー除去したりする治療のために用いられる医療機器だというイメージが強いかもしれません。しかし、デリケートゾーンの悩みを解消するための治療にも用いられています。

治療の大まかな方法は、次のとおりです。まず、肌に炎症が起きないように、弱めの出力で黒ずみが気になる部分にピコレーザーを照射し、メラニン色素に徐々に働きかけ、破壊していきます。そして、自宅では、クリニックで処方されたクリームなどでのケアを行います。様子を見つつ、月1回程度の頻度でレーザー治療を続ける場合もあります。

【ピコレーザーによるデリケートゾーン治療のメリット】

qスイッチ付きのレーザーなどと比較すると、ピコレーザーはより効率的に黒ずみにアプローチできるのが特徴です。個人差はありますが、身体の他の部位にピコレーザー治療を施す場合と同様、比較的少ない治療回数で済むのが魅力です。たとえば、デリケートゾーンの黒ずみをケアするのにqスイッチヤグレーザーを用いると「週に1回✕5回」程度の治療が必要となってしまいますが、ピコレーザーを用いるのであれば、「月に1回レーザーを照射し、様子を見つつ必要であれば治療を続ける」だけ改善が期待できます。

相談しにくい身体の部位の悩みではありますが、このように、ピコレーザーによる比較的肌に優しい治療方法があります。ですから、黒ずみが気になるのであれば、一度クリニックなどを訪れ、気軽に相談してはみいかがでしょうか?以前のような健康的な素肌を取り戻せる可能性があります。

東京で受けたい!ピコレーザーおすすめクリニック3選 関西で受けたい!ピコレーザーおすすめクリニック3選

【各クリニックのお問い合わせ先】

芦屋美容クリニック:03-6263-8508/ ルーチェ東京美容クリニック:0120-822-188/ 銀座みゆき通り美容外科:0120-858-800/ 東京美容皮膚科クリニック:03-5777-0038/ 湘南美容クリニック 新宿本院:0120-5489-40/ クリニックビザリア:0120-625-257/ 東京皮膚科・形成外科:03-3545-8000/ 秋葉原中央クリニック:0120-119-877/ 秋葉原フロンティアクリニック(旧:秋葉原F2クリニック):03-6206-4420/ 新宿中央クリニック:0120-669-980/ 川崎中央クリニック:0120-190-929/ 四谷見附クリニック:03-5360-7711/ 藤沢美容外科クリニック:0120-569-125/ シャルムクリニック:047-710-7788/ 大宮中央クリニック:0120-077-645/ みずほクリニック:03-3987-1161/ 聖心美容クリニック:0120-509-905/ 東京美容医療 クリニック:03-6709-2656/ 東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ:03-5413-0082/ 芦屋美容クリニック:0797-25-7678/ いっかく皮膚科:079-239-7716/ 大阪雅美容外科:06-6212-9299/ きぬがさクリニック:0210-77-5511/ 神成美容外科:078-242-4380/ 神戸中央クリニック:078-325-1291/ 湘南美容外科 大阪梅田院:0120-548-991/ 心斎橋DualClinicSHINSAIBASHI:0120-968-692/ Wクリニック:06-6244-3030/ ツツイ美容外科:0120-628-144/ 山本クリニック(ソフトメディ):0120-48-43-25


ピコレーザーのタトゥー除去に対する効果