タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証

美容通も絶賛のピコレーザーで、肌の悩みにサヨナラ!

サイトマップ

ピコレーザーを徹底検証 » ピコレーザーで改善可能な肌トラブル » 肝斑

タトゥー除去も美肌ケアも!
ピコレーザー
徹底

目的別おすすめ
クリニックはこちら

サイトマップ

肝斑

このページでは、ピコレーザーで行う肝斑治療について解説しています。

ピコレーザーで肝斑の悩みにさよなら!

30~40代の女性を悩ませる、肝斑。頬などにできる薄茶色のシミで、顔の片側だけでなく両側で、左右対称に広がっていくのが特徴です。

【肝斑の原因】

  • 女性ホルモンのバランスが崩れることで生じる。
  • 紫外線やストレスも、発生に関係している。
  • 妊娠やピルの服用などをきっかけに、発生することもある。

上記を見ても分かるように、肝斑と女性ホルモンの因果関係は深い様子。男性に現れることもありますが、やはり患者の多くは女性です。

また肝斑と似た症状で、アトピーやニキビの過剰発生に見舞われている肌が、免疫反応でメラニンを過剰に生成した結果生じる「炎症性色素沈着」というシミもあります。

ピコレーザートーニングで肝斑にアプローチ

ピコレーザーでも、他のレーザー機器でも同様のことが言えるのですが、肝斑治療に レーザーをそのまま用いるのはNG。刺激が強すぎるため、却って症状が悪化してしまいます。しかし最新の機器なら、低出力照射が可能。美容クリニックなどで見かける「レーザートーニング」とは「低出力でのレーザー施術」を指します。

もちろんピコレーザーもトーニング施術が可能です。炎症の心配がない程度の弱い出力で肝斑にアプローチし、肌に滞留しているメラニン色素を破壊していきます。

こちらの施術は刺激が弱い分、何度か継続して施術を行う必要があります。1回の施術で破壊されたメラニンが体外へ排出されるのに、数日~数週間の時間がかかるからです。目安としては月に1回の照射を5回程度続けることで、効果を実感できるようになるでしょう。

従来のレーザートーニングとの違い

ピコレーザーが登場する以前に一般的だった「YAGレーザー」などの最新機器でも、トーニングによる肝斑治療は行われていました。

しかし、これらのレーザーは照射の際に光を熱に換え、メラニン色素を破壊するという仕組みになっています。このため、どうしても肌ダメージは大きくなっていました。

しかし、ピコレーザーは光を熱に換えず、光の力だけでメラニン色素を破壊することができます。肌ダメージが少ないのはもちろん、肌細胞を活性化させる相乗効果も期待できるというのだから、すごいですね。

ピコレーザートーニングで肝斑治療を行い、イキイキとした美白肌を取り戻しましょう!

レーザー以外の治療方法と比べると?

肝斑の治療にはいくつかの種類があります。どのような治療法が有効と考えられているのでしょうか。

レーザー以外の治療方法

肝斑は、レーザー治療が向かないと考えられてきました。従来のレーザーでは、エネルギーが強すぎて炎症を起こしてしまうからです。この点を解決するため、主に内服薬(トラネキサム酸)と外用薬(ハイドロキノンなど)を用いた治療が行われています。

ピコレーザーをおすすめする理由

内服薬は、身体の内側からメラノサイトにアプローチして穏やかに肝斑を治療します。有効な治療法ですが劇的な効果は期待しづらいと考えられています。ピコレーザーは、一般的なレーザーと形・出力が異なるので肝斑にも効果的です。肌に滞留したメラニンを直接破壊できるので、従来の治療法に比べ速やかに効果を実感できるとされています。

【美容編】クリニックでできるピコレーザーの施術とは?をチェック>>

価格を
チェック

ピコシュアで施術が受けられる
おすすめクリニック3
ピコビューティー
クリニック
ピコビューティークリニック
価格
ピコトーニング
14,800円(税別)
ピコフラクショナル
39,800円(税別)
タトゥー除去 25cm2
27,000円(税別)
銀座みゆき通り美容外科
銀座みゆき通り美容外科
価格
ピコトーニング
15,000円(税別)
ピコフラクショナル
40,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
38,500円(税別)
秋葉原F2クリニック
秋葉原F2クリニック
価格
ピコトーニング
14,000円(税別)
ピコフラクショナル
38,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
39,800円(税別)

Copyright (C)タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証 All Rights Reserved.