東京・大阪ピコレーザー対応クリニック » 美肌の味方!お悩みとピコレーザー » 蒙古斑

蒙古斑

蒙古斑をピコレーザーで治療

蒙古斑のある部分に、ピコレーザーによる照射を複数回にわたって繰り返し、蒙古斑を薄くしたり消したりできる可能性があります。蒙古斑への照射においても、他のアザやシミなどへアプローチする場合と同様、ピコレーザーは、痛みを抑えたり、患部にスピーディーに働きかけたりするのが得意な医療機器です。

【蒙古斑の治療プロセスとは】

  • カウンセリングと診察
  • 施術
  • 肌ケアに関する説明や薬の処方

ピコレーザーを用いて蒙古斑を除去する際も、治療の大まかな流れは、他の治療の流れと大きく変わりません。また、治療方法にはピコレーザー以外にも、従来から使用されているQスイッチ付きレーザーを用いた治療方法が引き続き行われています。そのため、肌の状態だけでなく、予算や治療期間など、さまざまな観点から「ピコレーザー治療を選ぶかそれ以外のレーザー治療を選ぶか」を決めていきます。

ピコレーザーによる蒙古斑治療

ピコレーザーを用いて蒙古斑の除去を目指す場合、どのようなポイントを押さえておくとよいでしょうか。病院やクリニックにより詳細は異なりますが、一般的な治療の特徴をチェックしていきいます。

蒙古斑治療でも活躍するピコレーザー

ピコレーザーの主なメリットは、蒙古斑治療においても生かされています。ナノ秒よりも短い「1兆分の1秒」というピコ秒の間だけレーザーが照射されるので、「痛みをおさえやすい」という特徴があります。それは、肌が受ける熱の影響が少ないという意味とほぼ同じ意味をもちます。また、熱の影響が少ないことは、治療後に生じる肌の赤みの発症軽減にも繋がります。また、蒙古斑のみに照射するターゲットをしぼりやすいため、周囲の皮膚へのダメージを減らせるのも、うれしいポイントです。

ピコレーザーの欠点といえるのが、治療料金の高さだといえます。しかし、この点に関しては、Qスイッチ付きレーザーよりも治療回数自体は抑えられるため、蒙古斑のレーザー治療に関しては、費用に大きな差は生まれにくいといえます。

蒙古斑の治療は保険診療?

蒙古斑の治療であっても、ピコレーザーを用いる場合は保険診療の扱いにはなりません。一般的に「青あざ」と呼ばれるあざのレーザー治療において、保険適応となっているのは、太田母斑と異所性蒙古斑の治療のみで、さらに、その際に利用するよう定められている医療機器は「Qスイッチ付きアレキサンドライトレーザー」あるいは「Qスイッチ付ルビーレーザー」のみです。

「蒙古斑」と「異所性蒙古斑」は異なる?

単なる「蒙古斑」と「異所性蒙古斑」とでは、なにが違うのでしょうか。これは、治療の際「保険適応か自費」か、という観点から考える場合に、あらかじめ押さえておきたいポイントです。通常は「蒙古斑」と聞くと、主に幼児のお尻や背中の下の方に見られるあざを想像しますね。ただ、成長とともに消えずに残る場合も少なくありません。けれども、服で隠れるため治療は自費となります。

一方、異所性蒙古斑は、お尻や背中の下以外の身体の部位に発症したものを指します。特に、顔に発症する異所性蒙古斑、衣服などで隠せないため、本人としてもどうしても気になってしまうものです。そのため、異所性蒙古斑に対してのみ保険が適用されます。

【あせらず治療を続けることが大切】

  • ピコレーザーによる治療は、Qスイッチ付きレーザーによる治療などと比較すると、効率の良さや治療にかかる時間の短さなどに関しては、有利だといえます。ただし、治療を受けたすべての人がスムーズに蒙古斑を除去できるとは限りません。治療経過をみながら、医師としっかりコミュニケーションをとっていくことが不可欠です。
  • 治療中や治療後は、肌への刺激やダメージを出来る限りおさえるよう注意が必要です。また、紫外線対策も徹底しましょう。デリケートな状態になっている肌の部位にのちのち色素沈着を起こしやすいので、治療と治療の間、そして治療後も慎重なケアが大切です。
東京で受けたい!ピコレーザーおすすめクリニック3選 関西で受けたい!ピコレーザーおすすめクリニック3選

【各クリニックのお問い合わせ先】

芦屋美容クリニック:03-6263-8508/ ルーチェ東京美容クリニック:0120-822-188/ 銀座みゆき通り美容外科:0120-858-800/ 東京美容皮膚科クリニック:03-5777-0038/ 湘南美容クリニック 新宿本院:0120-5489-40/ クリニックビザリア:0120-625-257/ 東京皮膚科・形成外科:03-3545-8000/ 秋葉原中央クリニック:0120-119-877/ 秋葉原フロンティアクリニック(旧:秋葉原F2クリニック):03-6206-4420/ 新宿中央クリニック:0120-669-980/ 川崎中央クリニック:0120-190-929/ 四谷見附クリニック:03-5360-7711/ 藤沢美容外科クリニック:0120-569-125/ シャルムクリニック:047-710-7788/ 大宮中央クリニック:0120-077-645/ みずほクリニック:03-3987-1161/ 聖心美容クリニック:0120-509-905/ 東京美容医療 クリニック:03-6709-2656/ 東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ:03-5413-0082/ 芦屋美容クリニック:0797-25-7678/ いっかく皮膚科:079-239-7716/ 大阪雅美容外科:06-6212-9299/ きぬがさクリニック:0210-77-5511/ 神成美容外科:078-242-4380/ 神戸中央クリニック:078-325-1291/ 湘南美容外科 大阪梅田院:0120-548-991/ 心斎橋DualClinicSHINSAIBASHI:0120-968-692/ Wクリニック:06-6244-3030/ ツツイ美容外科:0120-628-144/ 山本クリニック(ソフトメディ):0120-48-43-25


ピコレーザーのタトゥー除去に対する効果