東京・大阪ピコレーザー対応クリニック » 美肌の味方!お悩みとピコレーザー » 色素沈着

色素沈着

ピコレーザーで色素沈着の悩みにアプローチ

さまざまなお肌トラブルの中でも、セルフケアでの改善が難しい「老け見え」のお悩みとして代表的なのが、色素沈着です。しみなどと同様、肌がくすんで見えたり、トーンが下がって見えたりしてしまいます。

【色素沈着の原因】

  • アレルギーをはじめとした皮膚炎
  • 日焼け
  • 虫に刺されたところやニキビを掻き壊した傷跡
  • ケガややけどといった外傷

肌が何らかの外的な刺激を受けると、肌を守ろうとするメカニズムがはたらき、メラニン色素が生成されます。これが、色素沈着の大きな原因です。

色素沈着の治療で活躍するピコレーザー

さまざまな肌トラブルの治療で使われてるピコレーザー。色素沈着の改善を目指したい場合も、ピコレーザーが用いられます。

1兆分の1秒、いわゆる「ピコ秒」でレーザーを色素沈着に照射。光でメラニンを分解する働きを持っているため、肌への刺激で生じてしまったメラニン色素による「炎症後色素沈着」に働きかけます。

美容外科クリニックでは、ピコトーニングという施術が提供されている場合が多いです。かつて主流だったレーザートーニングと比較すると、治療回数を少なく抑えられる傾向があります。

ピコトーニングの特徴のひとつとして挙げられるのが、ダウンタイムが短いこと。ただし、施術後の肌は敏感な状態になっているので、できるかぎり刺激を与えないように注意することが大切です。特に、色素沈着の原因のひとつ・紫外線を浴びることはNG!施術後は肌の保湿とUVケアを徹底してください。

【ピコレーザーで色素沈着を治療するメリット】

  • パルス幅の弱い出力で色素沈着を起こしている部位に照射。そのため、かつてのレーザー治療よりもお肌が受けるダメージや負担を軽減できる。
  • ピコレーザーが照射する光の波長はきわめて短いので、ターゲットにピンポイントに照射できる。色素沈着を起こしていない健康な部位など、周辺組織への照射を抑えられる。
  • 効率的に色素沈着のケアができるため、従来のレーザー治療よりも治療回数が少なる。

レーザー治療以外の方法で色素沈着をケアするには

薬を処方してもらってケアしていく方法もあります。ただ、色素沈着を起こした原因によって、飲むべき薬も異なります。よいお医者さんを選び、正しい診断をしてもらうのも大切です。薬の効果の有無には個人差がある点も考慮しておきましょう。

またすぐに効果を求めるのではなく、根気よくケアを続けて、徐々に色素沈着に働きかけていくことが大切です。

東京で受けたい!ピコレーザーおすすめクリニック3選 関西で受けたい!ピコレーザーおすすめクリニック3選

【各クリニックのお問い合わせ先】

芦屋美容クリニック:03-6263-8508/ ルーチェ東京美容クリニック:0120-822-188/ 銀座みゆき通り美容外科:0120-858-800/ 東京美容皮膚科クリニック:03-5777-0038/ 湘南美容クリニック 新宿本院:0120-5489-40/ クリニックビザリア:0120-625-257/ 東京皮膚科・形成外科:03-3545-8000/ 秋葉原中央クリニック:0120-119-877/ 秋葉原フロンティアクリニック(旧:秋葉原F2クリニック):03-6206-4420/ 新宿中央クリニック:0120-669-980/ 川崎中央クリニック:0120-190-929/ 四谷見附クリニック:03-5360-7711/ 藤沢美容外科クリニック:0120-569-125/ シャルムクリニック:047-710-7788/ 大宮中央クリニック:0120-077-645/ みずほクリニック:03-3987-1161/ 聖心美容クリニック:0120-509-905/ 東京美容医療 クリニック:03-6709-2656/ 東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ:03-5413-0082/ 芦屋美容クリニック:0797-25-7678/ いっかく皮膚科:079-239-7716/ 大阪雅美容外科:06-6212-9299/ きぬがさクリニック:0210-77-5511/ 神成美容外科:078-242-4380/ 神戸中央クリニック:078-325-1291/ 湘南美容外科 大阪梅田院:0120-548-991/ 心斎橋DualClinicSHINSAIBASHI:0120-968-692/ Wクリニック:06-6244-3030/ ツツイ美容外科:0120-628-144/ 山本クリニック(ソフトメディ):0120-48-43-25


ピコレーザーのタトゥー除去に対する効果