東京・大阪ピコレーザー対応クリニック » 美肌の味方!お悩みとピコレーザー » タトゥー

タトゥー

ピコレーザーでタトゥーにアプローチ

近頃は、社会全体に多様性を認める流れがあり、同時にタトゥーを入れることへの抵抗感も低くなりつつあります。軽い気持ちで、あるいはちょっとしたオシャレ感覚で、タトゥーを入れる人が増えているのです。

しかし、残念ながら多様性を認める流れはあるものの、すべての人が受け入れられるわけではありません。そのため、若いときは問題なくても、だんだんとタトゥーが入っていることで困る場面が増えるのも事実です。結婚や出産に際して気になったり、あるいは就職で不利に感じることもあるでしょう。

このページでは、タトゥーを消したいと考えている人に、身体へのダメージが少ないと言われるピコレーザーによるタトゥー除去方法を紹介しています。

【避けるべきタトゥー除去方法】

  • 自分でタトゥーを除去する
  • タトゥーが入っている部分を切除する

皮膚科や美容皮膚科ではなく、自分で薬を購入してタトゥーを除去しようとするのは、大変危険です。また、「ピコレーザーなどのレーザー治療だと完全にはタトゥーを消せない場合があるけど、私はタトゥーを完全に消し去りたい!」という理由で外科的に皮膚を切除する方法も、リスクが高いといえます。これら2つの除去方法について、もう少し説明していきます。

セルフタトゥー除去

タトゥーを取り除きたい場合、一般的にはレーザー治療が行われます。これは、医師が医院やクリニックを訪れた患者さんに対して施す治療法です。一方で、タトゥーを除去するためのクリームや機器が、ウェブなどから購入できてしまう現実があります。気軽に利用できるという点はあるものの、医者のように医学的知識がないと、さまざまなリスクや危険性をはらんだ方法にもなり得るのです。

「キズや瘢痕が残ってしまった」「皮膚の色素が抜けてしまった」などという報告があります。ひどい場合では、ネットで購入した薬品を塗布した部分の皮膚が剥がれてしまったという事例も。このケースでは、結果として剥がれてしまった部分を治療するために、身体の他の部位から皮膚移植の治療を受けることになってしまったのです。

正しい知識がない状態でのセルフタトゥーを除去が、いかに危険であるかがわかります。

タトゥーの切除

「タトゥー跡が残らないようにしてほしい」という理由で、タトゥーが入っている部分を切除する治療法を選択するのは、「特別な理由」がない限りさけるべきです。

例えば、タトゥーの色素に対してアレルギー反応が出てしまい、どうしても皮膚を除去する必要がある、といった事情がある場合などが「特別な理由」に該当します。そうでなければ、外科的な代償が大きすぎる「切除」という治療方法はぜひ避けたいところです。

タトゥー除去にはピコレーザー治療が一般的

タトゥーを消したい場合には、レーザーによる治療を検討するのが一般的です。また、レーザー治療は、進化を続けています。そのため、現時点で最新といえる治療方法を選択すれば、より効率的に少ないダウンタイムで治療を受けられる可能性が高くなるでしょう。ここでは、ピコレーザーを用いたタトゥーの除去が試みられる理由をもう少し詳しく 解説していきます。

タトゥー治療でピコレーザーが利用される理由

とても短い時間の間隔(1秒の10億分の1以下)で、レーザーをタトゥーが入っている部位に当てます。すると、タトゥーの色素が破壊し、色素はとても細かい粒子状に変化。粒子は皮膚から自然に排出されていくというメカニズムです。

もちろん、完全にタトゥーを消し去ることができるかといえば、そうとは言い切れません。ですが、従来のレーザーよりも治療回数を減らし、スピーディーな結果を期待することが可能です。さらに、タトゥーが入っていない部位にはレーザーが極力あたらないようにできるので、身体への負担が軽いという特徴があります。そのため、治療で受ける痛みが軽減されやすく、麻酔のためのクリームを塗布する必要がない場合もあるほどです。

【ピコレーザーでタトゥーを除去する場合のメリット】

  • 短い間隔のレーザーで、タトゥーの色素にアプローチし、色素を破壊して粒子状にすることを狙える。
  • 治療を受ける回数が、比較的少なくてすむ場合が多い。
  • ピコレーザーの性質上、タトゥー色素が入っている皮膚の部分をピンポイントに定めやすいため、痛みや身体への負担、ダウンタイムなどが少ない。

タトゥーを除去するための医療機器として、とてもメリットが多いことがわかりますね。

ピコレーザーを使わないタトゥー除去治療とは

タトゥーを除去するための治療法として、ピコレーザーが登場するまで最も頻繁に利用されていたレーザーがあります。「Qスイッチレーザー」です。

Qスイッチレーザーとは

Qスイッチレーザーも、ピコレーザーと同様に、タトゥーの色素に働きかけるタトゥー除去治療です。基本的には同じ理屈でタトゥーの除去を試みるわけですが、では、ピコレーザーとの差異は何でしょうか。

レーザーの名前がヒントとなります。Qスイッチレーザーは英語では「nanosecond laser」と呼ばれています。「ナノ秒」の単位のパルス幅でレーザーを照射する機器です。

一方、「ピコ」レーザーであれば、パルス幅が10分の1から100分の1のパルス幅でラーを照射します。その結果、ピコレーザーの方がタトゥーの色素を、より細かい粒子に粉砕することができるのが特徴です。

色素を粉々にできた場合は、その色素が肌から自然に剥がれ落ちやすくなります。そのため、タトゥーが除去されるプロセスは基本的に同じなのですが、ピコレーザーのほうが効率が良い場合が多く、通院の回数を減らせる可能性が高いといえます。ただ、比較的新しい技術のため、ナノレーザーを照射するQスイッチレーザーよりもピコレーザーの方が機器の価格が高いという事情があります。そのため、治療費が高い場合が多いです。これがピコレーザーのデメリットだともいえるでしょう。

やはりピコレーザーがおすすめ

一度の治療にかかる料金は、Qスイッチレーザーよりもピコレーザーの方が高くなってしまうとお話しました。ただ、ピコレーザーのほうが、より効率よくタトゥーに働きかけられる可能性が高いことを考慮すると、合計の治療回数がQスイッチレーザーほど必要でなくなる場合が多いです。そのため、一概には「すごく施術料金が高い」とはいえないでしょう。

また、ピコレーザーの方が、より照準をピンポイントに定めやすいというメリットもあります。タトゥーが入っていない部分の皮膚への負担を考える場合にも、ピコレーザーが有利だといえるでしょう。

東京で受けたい!ピコレーザーおすすめクリニック3選 関西で受けたい!ピコレーザーおすすめクリニック3選

【各クリニックのお問い合わせ先】

芦屋美容クリニック:03-6263-8508/ ルーチェ東京美容クリニック:0120-822-188/ 銀座みゆき通り美容外科:0120-858-800/ 東京美容皮膚科クリニック:03-5777-0038/ 湘南美容クリニック 新宿本院:0120-5489-40/ クリニックビザリア:0120-625-257/ 東京皮膚科・形成外科:03-3545-8000/ 秋葉原中央クリニック:0120-119-877/ 秋葉原フロンティアクリニック(旧:秋葉原F2クリニック):03-6206-4420/ 新宿中央クリニック:0120-669-980/ 川崎中央クリニック:0120-190-929/ 四谷見附クリニック:03-5360-7711/ 藤沢美容外科クリニック:0120-569-125/ シャルムクリニック:047-710-7788/ 大宮中央クリニック:0120-077-645/ みずほクリニック:03-3987-1161/ 聖心美容クリニック:0120-509-905/ 東京美容医療 クリニック:03-6709-2656/ 東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ:03-5413-0082/ 芦屋美容クリニック:0797-25-7678/ いっかく皮膚科:079-239-7716/ 大阪雅美容外科:06-6212-9299/ きぬがさクリニック:0210-77-5511/ 神成美容外科:078-242-4380/ 神戸中央クリニック:078-325-1291/ 湘南美容外科 大阪梅田院:0120-548-991/ 心斎橋DualClinicSHINSAIBASHI:0120-968-692/ Wクリニック:06-6244-3030/ ツツイ美容外科:0120-628-144/ 山本クリニック(ソフトメディ):0120-48-43-25


ピコレーザーのタトゥー除去に対する効果