タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証

美容通も絶賛のピコレーザーで、肌の悩みにサヨナラ!

サイトマップ

ピコレーザーを徹底検証 » 【タトゥー除去編】ピコレーザーできれいに消える? » タトゥーの他の除去方法との違い

タトゥー除去も美肌ケアも!
ピコレーザー
徹底

目的別おすすめ
クリニックはこちら

サイトマップ

タトゥーの他の除去方法との違い

メス

こちらのカテゴリでは、ピコレーザーで行われるタトゥー除去と、その他の方法についての違いを調査しました。

若い頃は『かっこいい』と思っていた、タトゥー。しかし年齢を重ね、さまざまな価値観の中に身を置くようになるに連れ、我が身に刻まれたその存在が重荷に…、そんな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

タトゥーには『一生消えない』という大前提のもと体に彫るもので、除去には大変な苦労と費用がかかります。美容クリニックでは、どのような施術が行われているのでしょうか?以下のページを設けてみました。

Qスイッチレーザー

侵襲性の高い手術法に比べライトなイメージが高く、女性が選ぶタトゥー除去法として人気を誇っているのが、Qスイッチレーザーです。ただしひと口にQスイッチレーザーと言っても、いくつかの種類があります。それぞれの特徴や対応可能な色などについてリサーチしていますので、チェックしてみてください。

「Qスイッチレーザー」について詳しくチェック>>

切除法

『ひと思いにタトゥーのある肌を切ってしまいたい』、という要望に対応する方法。こちらは身体にメスを入れる外科手術ですので、長いダウンタイムなど、数多くのデメリットが気になるところです。その内実について調査していますので、ぜひご一読ください。

「切除法」について詳しくチェック>>

剥削法(はくさくほう)

思わず読み方が気になってしまうのが、こちらの剥削法(はくさくほう)。タトゥーのある肌を切除まではしないものの、カミソリで削り落としていくという方法で、やはり外科手術の部類に入ります。そのメリット・デメリットを紹介しています。

「剥削法(はくさくほう)」について詳しくチェック>>

皮膚移植

メソセラピーのタトゥー除去版とでも呼べそうなのが、こちらの施術。タトゥーを削ったのちに、タトゥーがない部分の肌を移植する方法です。一聴すると冴えたやり方に聞こえなくもありませんが、実は身体中が傷だらけになってしまう危険性があります。

「皮膚移植」について詳しくチェック>>

ぜひ各ページの内容に目を通してみてください。そして、ピコレーザーによるタトゥー除去と比較してみてくださいね。

【タトゥー除去編】ピコレーザーできれいに消える?を見る>>

タトゥー除去手術の失敗事例を紹介

ファッションの一部としてタトゥーを入れる若者が増えている昨今。それに比例して、タトゥーの除去手術の需要も高まり、対応しているクリニックも増加しています。

しかし、タトゥーを綺麗に除去するには的確な診断と施術、アフターケアが必要で、どんなクリニックでも理想通りの結果が得られるわけではありません。それどころか、クリニック選びに失敗すると、一生後悔するような傷跡が残ってしまう可能性もあります。

タトゥー除去の失敗事例をいくつかご紹介します。

傷跡が残る

切除、皮膚移植などの場合は傷跡が残ってしまいます。縫合による引きつったような傷跡が残り、完全に消し去ることはできません。場合によってはタトゥーがあるときの方がマシだったと思ってしまう方もいるようです。

最近ではレーザーでのタトゥー除去方法が主流になってきていますが、未だに切除法や皮膚移植をすすめるクリニックがあるのも事実。

「切除や皮膚移植でなければこのタトゥーは消せない」と診断されても、他のクリニックに相談すれば最適なレーザー手術をすすめてくれる可能性もあります。

切除法や皮膚移植は肌へのダメージが大きく傷跡が思ったより気になるという失敗事例が多い施術方法です。早く消したいからと勢い余って切除、皮膚移植を考えるのではなく、セカンドオピニオンを受けてみることをおすすめします。

傷跡から炎症を起こす

切除法や皮膚移植はダウンタイムが長く、痛みや腫れが収まるまでは安静にしていなければなりません。代謝が上がると痛みや腫れがひどくなってしまいますので、しばらくは入浴も控えるように言われることもあります。

そうすると身体を洗うことができず、雑菌が繁殖しやすい状態に。その雑菌が傷口から侵入して、炎症を起こしてしまうという失敗事例があります。

この炎症は術後だけでなく、長期間経ってからも突然炎症で悩まされたり、日常的に炎症を起こしている状態になってしまったという方もいました。

これらの原因は手術に関わった医師のテクニック不足の問題もありますが、アフターケアがおろそかだったことにも問題があるかもしれません。

カウンセリングを受ける際は、術後のアフターケアやサポート、出される薬などもきちんと確認しておきましょう。万が一不信感が拭えないようなら、他のクリニックに相談して比較してみるのもおすすめです。

仕上がりに違和感が残る、皮膚が壊死する

皮膚移植を行った場合、移植した肌と元の肌の色が違ってしまう可能性は高いです。とくに手などよく日に当たる部分へ色の白い部分の皮膚を移植した場合は、なかなか違和感が拭えず気になってしまうことでしょう。

移植手術が成功して傷跡が少なくても、移植した皮膚が生着するとは限りません。もし移植した皮膚がきちんと生着しなかった場合は、皮膚が壊死してしまう可能性もあります

皮膚が壊死してしまうと再手術をする必要がありますが、さらに別の部分の皮膚を移植しなければならないため身体へのダメージも大きく、余計やダウンタイムの期間や金額がかかってきてしまいます。

どんなに腕のいい医師にお願いしても、皮膚が壊死するかどうかは手術を受けてみてからでなければわかりません。皮膚移植によるタトゥー除去はそれだけリスクが高いものだと心得ておきましょう。

水ぶくれのような後遺症が出る

レーザーによるタトゥー除去の後遺症としてよく挙げられるのが、「レーザーを当てた部分が水ぶくれのように腫れてしまう」というもの。

従来のレーザーでは熱を当てて色素を破壊するという方法を取っていたので、どうしても日焼け直後のような水ぶくれができやすくなっていました。

そもそも水ぶくれは肌を炎症から守るためにできるものですが、潰れてしまうとそこから雑菌が入りやすくなり、結果、肌が炎症を起こしたり、紫外線による色素沈着や乾燥、肌荒れといった肌のトラブルを引き起こしてしまいます。皮がむけると不潔な印象にもなるため、接客業などをされている方にとっては気になるところでしょう。

これらの症状を防ぐには術後の水ぶくれには一切触らない、悪化させないように紫外線対策を行う、保湿をするなどがありますが、それでも絶対に炎症が起きないという保証はありません。

カラー部分が残る

切除法や皮膚移植は傷跡が残りやすく、肌へのダメージもかなり大きなものになります。

そこで、そんな失敗を防ぐためにおすすめなのがレーザーによるタトゥー除去。レーザーなら少ない痛みでタトゥーを除去することができます。

しかしレーザーの種類によってはカラータトゥーには対応していない場合があります。とくに青系のカラーは除去するのが難しく、完全には消えない可能性も。深い部分にまで色が入っている場合も、レーザーでは完全に除去することができません。

レーザーでの手術を受ければ完全にタトゥーを除去できるというわけではないということをあらかじめ覚悟しておきましょう

クリニックでは症例写真などを見ることができると思いますが、決してあなたのタトゥーがそのようにキレイになくせるという保証はありません。

症例写真を比較するのも大切ですが、あなたが受けようとしているレーザーはカラータトゥーに対応しているのか、どれくらいまで除去することができるのかなどをしっかり確認しておく必要があります。

術中、術後に痛みがある

タトゥー除去の手術には痛みが伴います。切除法や皮膚移植はとくに痛みがひどいので、術中は麻酔を利用して痛みを最小限に抑えることをおすすめします。

しかしレーザーの場合は、麻酔をしていてもチクチクとした痛みを感じることもあります。術後もほてったような痛み、違和感を長時間感じる方も多いです。

また、切除法や皮膚移植と違いレーザーは数回クリニックに通って徐々にタトゥーを薄くしていくという方法が一般的。そのため、何度も術中、術後の痛みに耐えなければなりません。

痛みに弱い方やレーザーが合わなかった方の中には、クリニックに通うのを途中でやめてしまったというケースもありました。せっかくお金を払って途中までレーザーを受けたのにやめてしまったらタトゥーを除去することはできなくなってしまいます。

痛みの少ないレーザーにする、レーザーの技術の高いクリニックを選ぶ、事前に痛みについて医師に確認するといった準備をしておくことで、術中や術後の痛みを回避することができるでしょう。

間違った手術をしてしまう

タトゥー除去で失敗したという声の中でとくに多いのが「医師に切除や皮膚移植をすすめられたからそうしたのに、他のクリニックではレーザーで消せると言われた」という声です。

タトゥー除去は最近では様々なレーザーで対応することができますが、情報が古いクリニックやタトゥー除去に詳しくないクリニックではいまだに切除法や皮膚移植を積極的にすすめるところがあるようです

先ほど説明した通り、切除法や皮膚移植は傷跡が思っている以上に大きく目立つ可能性があり、一生後悔する人も多いです。

もし最初のクリニックで「レーザーでは消すことができない」と言われても、そのまま承諾するのではなくタトゥー除去に詳しいクリニックをいくつか回ってみてから判断した方がいいでしょう。

ダウンタイムが長い

タトゥー除去の手術はダウンタイムが長く、仕事や生活に支障をきたしてしまう可能性があります。ダウンタイムの出方や感じ方は人によって違うので、あらかじめよく確認しておいても自分の場合は長かった、というケースもあります。

皮膚移植などの大掛かりな手術の場合は2ヶ月程度ダウンタイムがあると考えなければなりません。その間は入浴、外出などで様々な支障が出てくることも考えられます。

レーザーの場合は7日間程度となりますが、1度ではなく何度もクリニックに通う必要があります。ダウンタイムが収まったらまたクリニックへ、そしてまた腫れや痛みに耐えるダウンタイム…というループを繰り返すことになるので、身体へのダメージだけでなく心への負担も大きくなってしまうことでしょう。

ピコレーザーでこれらの失敗を回避できる!?

タトゥー除去に高い効果を発揮してくれると言われているピコレーザー。上記でご紹介したような失敗をしにくく、安全にしっかりタトゥーを除去することができるかもしれません!

ピコレーザーによるタトゥー除去についてご紹介していきます。

傷跡が残りにくい

ピコレーザーはメスを使わないタトゥー除去方法ですので、傷跡が残る心配がありません。

メスを使わないレーザーによるタトゥー除去では深い部分のカラーなどは思うようには消せないというデメリットがありましたが、それを解決してくれるのがピコレーザーです。

従来のレーザーは色素を一定の大きさにまでしか粉砕することができず、どうしても完璧にタトゥーを消し去ることはできませんでした。しかしピコレーザーは従来のレーザーよりも小さいパルスのレーザーをタトゥーに当てることができます。

そのため、色素をより細かく粉砕することができ、深い部分に入ってしまった除去しにくいカラーのタトゥーも極限まで自然な形で除去することができるようになっているのです。

このパルス幅は小さければ小さいほど肌へのダメージも少なくなるため、レーザーによるタトゥー除去の失敗にありがちな水ぶくれのような傷もつきにくく、肌が弱い方、何度もレーザーを当てる必要がある方にもおすすめの施術方法となっています。

ダウンタイムが短い

ピコレーザーによる施術はダウンタイムが短いという点でも人気です。

従来のレーザーによるタトゥー除去の施術に比べて短いパルス幅で対応しているため、肌への照射時間が短く、ダメージが少ないことがその要因です。

ピコレーザーによるタトゥー除去のダウンタイムは、最大でも24時間程度と言われています。一般的なレーザーによるタトゥー除去のダウンタイムが7日間という点を比較すれば、その短さは一目瞭然ですよね。

レーザーによるタトゥー除去は何度もクリニックに通う必要がありますが、ダウンタイムが短ければわずらわしさを感じずに通い続けることができるでしょう。

ピコレーザーによってタトゥーを除去したあとは術後に色素沈着が残ることもありますが、これは正しいケアを続けていれば1年程度で自然治癒していきます。

アフターケアをしっかりサポートしてくれるクリニックを選び、自宅でもできるホームケア、保湿なども忘れないようにしておきましょう。

参考:ピコ秒レーザーによる刺青と皮膚良性色素性病変の治療

カラータトゥーにも対応している

ピコレーザーの優れている点の一つにカラータトゥーにも対応しているというポイントがあります。

青や緑といった従来のレーザーでは除去しきれなかったカラーもピコレーザーなら除去できたという報告があります。ピコレーザーに関する機器の中でも各色に対する得意不得意はありますが、開発がどんどん進んでおり除去できないと言われたあなたのタトゥーのカラーにも対応している機器がすでにあるかもしれません!

また、従来のレーザーより短い期間でカラータトゥーを消せるという報告もあります。他のクリニックで長期間通う必要があると言われた方も、ピコレーザーを取り扱うクリニックに相談すればもっと短い期間でタトゥーの除去を済ませられる可能性があります。

除去しにくいカラーのタトゥーを入れている方、仕事などの関係であまり長期間通い続けることができないという方は、ピコレーザーによるタトゥー除去を検討してみてください。

参考:ピコ秒レーザーによる刺青と皮膚良性色素性病変の治療

タトゥー除去におすすめのピコレーザーの機種はピコシュア

ピコレーザーの機器は現在でも開発が進んでおり様々な機種がありますが、中でも総合的に考えておすすめなのがピコシュアです。

ピコシュアはタトゥー除去の研究、治療が盛んなアメリカ、ヨーロッパなどでも多く使われており、日本でも導入しているクリニックが増えてきています。

ピコレーザーは様々なカラーのタトゥーを除去してくれますが、機器によっては対応していないカラーもあります。その点ピコシュアは消しにくい青や紫にも対応しており、全色のタトゥーを除去することが可能です

ピコシュアは従来のレーザー機器に比べて熱エネルギーが低く、肌へのダメージを最小限に抑えることも可能です。そのためダウンタイムや術後の痛みも少なく済ませられるということなのです。

カラータトゥーの除去でお悩みの方、一度クリニックでレーザー治療を受けたものの思うようにタトゥーを除去できなかった方、ダウンタイムや失敗が怖いという方は、一度ピコレーザー、ピコシュアを取り扱っているクリニックに相談してみましょう。

価格を
チェック

ピコシュアで施術が受けられる
おすすめクリニック3
ピコビューティー
クリニック
ピコビューティークリニック
価格
タトゥー除去 25cm2
27,000円(税別)
銀座みゆき通り美容外科
銀座みゆき通り美容外科
価格
タトゥー除去 25cm2
38,500円(税別)
秋葉原F2クリニック
秋葉原F2クリニック
価格
タトゥー除去 25cm2
38,000円(税別)

Copyright (C)タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証 All Rights Reserved.