タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証

美容通も絶賛のピコレーザーで、肌の悩みにサヨナラ!

サイトマップ

ピコレーザーを徹底検証 » 【タトゥー除去編】ピコレーザーできれいに消える? » タトゥーの他の除去方法との違い » 皮膚移植

タトゥー除去も美肌ケアも!
ピコレーザー
徹底

目的別おすすめ
クリニックはこちら

サイトマップ

皮膚移植

このページでは、タトゥー除去に用いられる皮膚移植について解説しています。

皮膚移植|タトゥー除去法

『以前は気に入っていたタトゥーだけど、今は彫ったことを後悔している… 』、そんな悩みを持つ人は少なくありません。

美容クリニックではいくつかのタトゥー除去法を用意していますが、皮膚移植もそのひとつ。

簡単に言うと『タトゥーのある部分の肌を削り、その上に別の場所から採皮した皮膚を移植する』方法です。

皮膚移植の種類

皮膚移植には大別して「全層植皮」と「分層植皮」の2種類があります。

これはかつてタトゥーの入っていた部分に被せる「別の箇所の皮膚」の採皮の仕方により、種類分けされています。

即ち「全層植皮」は真皮まで厚く切り取った肌で、「分層植皮」は薄く切り取った肌ということになります。

タトゥー除去を前提とした皮膚移植の場合、分層植皮が採用されるケースがほとんど。そして、分層植皮にも以下の3種類があります。

  • シート植皮
    採皮した皮膚をそのまま移植する。仕上がりが最も自然。ただし生着率は悪い。
  • メッシュ植皮
    採取した皮膚をマシンで加工し、移植する。ある程度皮膚を伸ばせるため、採皮を最小限に食い止められる。また定着が良い。しかし、マシン加工の際に付くうろこ状の跡が残ってしまう。
  • パッチ植皮
    採皮した皮膚を切り分け、パッチ状に移植する。仕上がりはシート植皮に劣る。

このようにバリエーションのある皮膚移植ですが、最大のデメリットは『タトゥー以外の場所にも傷跡が残る』ということ。採皮した部分は、無傷と言うわけにいきません。

最も仕上がりの美しい「シート植皮」を選びたいところですが、生着しないと、また採皮を繰り返すこととなり、傷跡が増加する結果となってしまいます。

このため、最も皮膚の生着率が良好なメッシュ植皮を採用するクリニックが多くなっていますが、タトゥーは除去できても仕上がりに痛々しいものが…。

広範囲に及ぶほど人には見せられない肌となってしまうでしょう

特徴

大きなタトゥーのイメージ

タトゥーの入った皮膚を切り取り、別の場所から採取した皮膚を移植する施術です。大きなタトゥーでも完全に除去できるなどのメリットがあります。

優れた施術に思えますが、皮膚を採取した部位にも傷が残る、移植した皮膚が生着しないことがある、皮膚移植の方法によっては移植後の皮膚に網目のような痕が残るなどのデメリットがあります。

皮膚移植でよく行われるシート植皮とメッシュ植皮について、その特徴をさらに詳しく見ていきましょう。

植皮法は臓器移植の一種。面積が大きいほど生着率が低下する

シート植皮の場合、メリットとして言われるのが「移植場所の肌がきれいに生着する」ということです。

確かにシート植皮の場合は太ももなど健康な肌をそのまま移植するため、移植場所はきれいになります。しかし考えなければならないのが、「採皮部」と「生着率」です。

目立つ位置のタトゥーを隠すためとはいえ、太ももなど健康な肌に傷をつけることに抵抗があるという方は少なからずいます。

人に寄りますが、採皮部には後に残る傷跡が残ってしまうことが多いでしょう。生着率という点でいえば、シート植皮は決して高い方ではありません。

臓器移植の一種である皮膚移植においては、移植する面積が大きいほどその生着は難しく、もし生着しない場合はまたゼロから再手術になってしまうのです。

単純に移植場所のきれいさだけで見るのではなく、総合的に判断するとシート植皮は必ずしも全面的にお勧めできるものではありません。

メッシュ植皮の場合、特殊な器具を使用し採皮した皮膚を伸ばすことによって広範囲のタトゥーを消せる、というものです。

網の目のように皮膚を延ばすことから採皮部への傷も少なくし、また生着率を上げていることは評価できますが、問題は移植場所の見た目です。網目状の傷跡が残ってしまい、美容面で非常に問題が残ります。

もともとメッシュ植皮は火傷など緊急的な治療の際に最小限の採皮で皮膚をカバーする施術ですから、美容面を考えて開発された術式ではありません。

タトゥー除去手術で使用するには課題が多い術式であるといえるでしょう。

現在は皮膚の分野でも再生医療が進み、培養皮膚移植も行われていますので、タトゥー除去にも広く応用できるようになれば、採皮部への傷や生着率といったデメリットを改善できる有効な手段となり得るでしょう。[注1]

[注1]聖マリアンナ医科大学雑誌:皮膚の再生医療[pdf]

コスト

利用するクリニックや皮膚移植の方法などによりコストは大きく変わります。はがき大サイズで60~80万円程度かかることがあるようです。

もちろんこれはタトゥーを入れている肌の面積が大きくなればなるほど値段も上がってきますし、手術ということであれば通院回数も1回では終わらず、そのたびに費用が掛かってくることになるでしょう。

そんなときに考えるのが、「タトゥー除去手術は保険適用になるのか?」という疑問。

一般的な人であれば保険適用で治療を受けた場合の自己負担額は3割であり、すべて自費診療とした場合と比べて3分の1程度に治療費を抑えることができます。

では、実際保険適用は可能なのでしょうか?

タトゥー除去手術のための皮膚移植では保険を適用できない

結論から言うと、タトゥー除去手術で保険適用を受けることはできず、すべて自費診療となります。

そもそも健康保険は疾病やケガを治療することを目的に運営されているものであり、言ってしまえば「自分が好きで入れた」タトゥーの除去に保険を適用することはできないのです。

よくインターネット上では総合病院では保険適用を受けられる。〇〇クリニックでは保険適用してくれるらしい、といった情報が流れていることがありますが、基本的にそうした保険適用は違法となります。

適当な他の皮膚の病名をつけて保険診療とすることは重大な犯罪になりますので、もしそうした触れ込みをしている病院を見かけたら利用しないようにしましょう。あなた自身にも迷惑がかかるおそれがあります。

タトゥー除去手術の中でも皮膚移植というものは非常に高額になる傾向があります。

先に説明したシート植皮、パッチ植皮、メッシュ植皮に限らず一般的なサイズのタトゥーでも数十万円にのぼることはざらです。

最近はタトゥー除去といっても様々な方法が登場していますので、必ずしも皮膚移植にとらわれる必要はないかもしれません。

ダウンタイム

ダウンタイムは、タトゥーの大きさや皮膚移植の方法などにより異なります。いずれにせよ、皮膚が生着するまでの間は、患部を保護しながらの生活を強いられます。

また、肌色になじむまで一定の期間がかかります。具体的には、半年~1年程度をかけて肌色に馴染むことが多いようです。

術後の保護機関は1週間〜1ヶ月程度

手術直後の保護期間は、サイズや術式にもよりますが最低1週間から1か月ほどです。

その間はギプスのようなもので患部を固定し外部から保護することが必要になります。

その間にもし激しい運動をしてしまったり、外部からの強い刺激を受けてしまうと皮膚の生着に失敗し再手術が必要になってしまう場合もあります。

胸板や背中などの比較的動きが少ない部分であればまだいいのですが、肩や肘など動きが大きい場所だと保護を行うにも大変です。

皮膚移植を選択する場合は、タトゥー除去手術を行いたい場所や、普段の自分のライフスタイルなどをよく考慮した上で手術に臨むことが必要になります。

保護期間が過ぎるとおおむね動きに制限がなくなりギプスを外すことができるようになりますが、まだ患部に赤みが残っていたり、特にメッシュ植皮の場合はウロコ状に移植部が盛り上がってしまうことがあります。

もちろんそうした状態では手術を行ったことが丸わかりですし、美容上も良くありません。

こうした手術後の傷跡などは、落ち着くまでに1年程度かかるとみられます。さらに、状態が落ち着いた後も一生傷跡が残ってしまう場合も少なくありません。

いずれにせよ皮膚移植手術は体への負担も大きく、手術後も制限が大きい方法であるということがわかりますね。

最新のタトゥー除去法・ピコレーザーに要注目!

近年登場した新しいレーザー機器・ピコレーザーに注目!こちらは美容施術だけでなく、タトゥー除去にも活用されるマシンです。以下の特徴があります。

  • これまでのレーザー機器は黒などの色にしか反応しなかったが、ピコレーザーは緑や青などカラフルな色にも反応。より広範囲な対応が可能。
  • 従来のレーザーよりも痛みが少ないので、これまでに途中でタトゥーの除去施術を挫折した人でも、充分に再検討可能。
  • 従来のレーザー治療よりも短期間で効果が出るため、何らかのイベントを控え、除去を急ぎたい人にもおすすめ。

いかがでしょうか?デメリットも多い他の除去法に比べ、おすすめできる理由が多くあります。

皮膚移植出のタトゥー除去に踏み切る前に、ぜひピコレーザーの情報をチェックするようにしてください。

【タトゥー除去編】ピコレーザーできれいに消える?を見る>>

関連してよく読まれているページ

価格を
チェック

ピコシュアで施術が受けられる
おすすめクリニック3
ピコビューティー
クリニック
ピコビューティークリニック
価格
ピコトーニング
14,800円(税別)
ピコフラクショナル
39,800円(税別)
タトゥー除去 25cm2
27,000円(税別)
銀座みゆき通り美容外科
銀座みゆき通り美容外科
価格
ピコトーニング
15,000円(税別)
ピコフラクショナル
40,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
38,500円(税別)
秋葉原F2クリニック
秋葉原F2クリニック
価格
ピコトーニング
14,000円(税別)
ピコフラクショナル
38,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
39,800円(税別)

Copyright (C)タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証 All Rights Reserved.