タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証

美容通も絶賛のピコレーザーで、肌の悩みにサヨナラ!

サイトマップ

ピコレーザーを徹底検証 » 【タトゥー除去編】ピコレーザーできれいに消える? » 部位別タトゥー除去におけるピコレーザーの症例・注意点 » 背中・お尻

タトゥー除去も美肌ケアも!
ピコレーザー
徹底

目的別おすすめ
クリニックはこちら

サイトマップ

背中・お尻

このページでは、背中のタトゥー除去の症例と、背中やお尻のタトゥーを消すための方法について紹介しています。

ピコレーザーでタトゥー除去の症例写真【背中】

背中のタトゥー除去前の写真 背中のタトゥー除去アフター画像
Before After(ピコレーザー3回)

画像参照元:ピコビューティークリニック公式サイト  http://pico-beauty.jp/tattoo/add/treatment4.html

背中のタトゥー除去をピコレーザーで行った途中経過の写真です。かなりはっきり彫られたタトゥーでしたが、3回照射でかなり薄くなっています。この後も照射を重ねることで、どんどん目立たなくなっていきます。

タトゥーの彫りの深さや色によって、ピコレーザーの照射回数もかわってくるようです。こんなに大きいタトゥーだと他のタトゥー除去法では、傷痕が広範囲に渡って残ってしまいます。症例写真を見ても、ピコレーザーなら安心してタトゥーを除去することができますね。

背中やお尻のタトゥーを消すには

背中やお尻のタトゥーは、服を着用しているときは見えにくいものの『自然に服を脱ぐのがためらわれる』という状況を生み出しやすくします。また部位によって、気になる点もさまざま。以下で解説していきましょう。

背中

背中は、人体の中でも比較的起伏の少ない部位ですので、広範囲のタトゥーを入れることが可能。その筋の男性の全身に彫られた入れ墨の中でも、背中の図柄は大きなハイライトとなっています。

広範囲のタトゥーの場合、手術を選択することになりますが、タトゥーの代わりに大きな傷跡が残ります。皮膚移植の場合、肌がうろこ状になってしまうため、人には見せられなくなってしまうでしょう。

また日常の何気ない動作の中でも、皮膚が収縮しやすい部位にあたるため、長期間のダウンタイムを強いられることになります。

近年は、首から背中にかけてタトゥーを施す人も多くなっています。こうしたケースを除去する場合に、レーザー施術が適用されることもありますが、完全な除去は難しくなっています。なかなか思うような結果が出ないのに、施術中にかなりの痛みが伴うため、途中で施術を断念してしまう人も多いのです。

お尻

お尻の場合、ワンポイントのタトゥーを施す人が多いようです。とは言え、その除去が簡単というわけではありません。背中と同じく皮膚が収縮しやすい部位にあたるため、術後の安静を強いられるのです。

また本来、セックスアピールに重要な部位に傷跡が残ってしまう結果は避けられません。特にQスイッチレーザーでの施術の場合は、完全な除去が難しいケースが多くなっています。レーザーを照射する際の痛みがひどいので、途中で断念してしまう人も多くなっているのです。

背中やお尻のタトゥー除去の際の注意点

背中

背中にあるタトゥーを除去するときの注意点は、タトゥーの深さや色、位置に合わせた施術方法を選ぶことです。色が深く入っているタトゥーは消えにくく、深くまで削る必要があるためケロイド状になってしまうことがあります。また、背骨付近は、薄いタトゥーでもケロイド状になってしまうケースも…。しっかりと医師に相談して、どういった施術方法が自分のタトゥーには合っているのかを判断してもらうようにしましょう。

また、衣服が施術部分に刺激を与えてしまうことで完治が長引いてしまう可能性があるため、術後には衣類にも気をつけなければなりません。

お尻

お尻のタトゥー除去は、皮膚が引っ張られている感覚が残ったり、お尻の形が崩れてしまう可能性があるので、注意しておきたいところ。

お尻は座ったときに上半身を支える部位のため、タトゥーの除去後は2週間程度「座る」ことを避ける必要があります。お尻のタトゥーを除去する際は仕事や私生活に確実に支障を与えてしまうことを覚えておきましょう。

背中・お尻のタトゥー除去に最適な治療方法とは

タトゥー除去

背中のタトゥーは広範囲に濃く彫られている人が多く、お尻はワンポイントを彫っている人が多いです。いずれにしても服を脱ぐタイミングで目立つため、除去するなら適正な方法を選びましょう。

メスを使う治療

切除手術や皮膚移植を行うと短期で除去できますが、体に負担をかけるため幅広い角度から検討してください。剥離治療の場合は、5cm×5cmで20万〜50万円ほどが相場。植皮治療の場合、5cm×5cmで50万円程度と考えておきましょう。ともに、保険適用外の自由診療です。

剥離治療

背中のタトゥー切除は、場合によって対応が難しいかもしれません。ほとんどの人は全体的に入れているため、タトゥーの部分を切り取ることになれば、縫合するための皮膚に余裕がなくなるでしょう。小さなものなら切除可能かもしれませんが、大きなものであれば手術可能かどうか医師によって異なります。

切除でタトゥーを除去すると仮定すれば、たくさんの皮膚を切り取らなければならないケースもあり、そうなると短時間では済まない大がかりな手術となります。切除できる大きさかどうか。デザインに対応した切り方があるかなど、医師の知識や実績によっても判断が左右されます。

また、切除可能な大きさだったとしても、熟練した医師のスキルが必要になります。

削皮するにしても、同じような理由で対応できない可能性もあります。色素が浸透しているところを削るだけですが、その範囲の広さを考えても簡単ではないことが想像できるでしょう。整骨院やエステなどへ行っている人は、削皮したことで影響を及ぼさないとも言えません。

お尻は切除や削皮もできないことはありませんが、メスを入れるとなれば傷を負うことになり、術後にデスクワークなどの作業をする際は気をつけなければなりません。我慢すれば座れないことはないかもしれませんが、痛みを伴うことになります。

そのためクッションや円座などを使ってお尻の位置をずらし、できるだけ患部と座席の平面が接触しない形を作ることが求められます。

植皮治療

背中に皮膚を移植することも、タトゥーの大きさによっては難しいです。全体に入れているとしたら、それを覆うだけの皮膚を他の部位から採取することを意味しており、移植元となる候補の部位が存在しません。

1枚のシート状を想定した場合、背中の面積に対応した皮膚が見つからないでしょう。ワンポイントであれば可能ですが、背中にあるタトゥーは大きめの場合が多く、結果として人工的な皮膚でもない限りは手術が難しい状態となります。

皮膚は再生可能な組織だとしても、背中全体をカバーするような面積を採取すれば、移植元の患部もかなりの広範囲になります。まずは移植元の皮膚に対応する面積があるかどうか。それで植皮可能か。足りなければどう対応するか。これらの条件がクリアできる大きさでなければ、植皮治療の採用はできないかもしれません。

お尻への植皮はできるかもしれませんが、手術跡はかなり目立つしょう。普通に生活して太陽にさらされる部分ではないので、傷が完治した後の色の違いが目立ちます。また、お尻の皮膚は日常の動作でも動きが大きく、移植しても生着するまでズレてしまわないとも限りません。

立ったり座ったり仰向けに寝る動作でも皮膚は伸び縮じみしているため、植皮で治療する場合は患部の位置によって配慮が必要です。

メスを使わない治療

メスを使わないことで、背中でもお尻でも痛みのない施術ができます。メスの代わりに用いられるのがレーザー。レーザーを使った治療の場合、使用する機材や施術範囲によって費用は異なりますが、5cm×5cmで2万〜4万円(1回の照射)ほどが相場。保険適用外の自由診療です。

ピコレーザー

従来のレーザーは施術後に水膨れや出血を起こすこともありますが、ピコレーザーではそういった症状はほとんどありません。タトゥーの色に効果が左右されることもないので、広範囲にタトゥーを入れている背中にマッチングしています

皮膚への負担もなく安全性が高いため、複雑で大きなデザインでもキレイに除去することが可能。龍や鯉、仏様など宗教的なモチーフには細かい装飾が施されているため、黒色だけで入れていたとしてもQスイッチレーザーでは完璧に取りきれません。

でも、ピコレーザーなら小さな粒子まで破壊できるので、取り残すことはないでしょう。お尻のように曲線を描いている部位の照射でも問題はなく、見事に消すことができます。

Qスイッチレーザー

Qスイッチレーザーは施術中の痛みが激しく、施術が完了するまで耐えられない人も多数います。タトゥーの色によっては効果が薄く、除去できないケースもあるのが現状です。

特に背中は範囲も広いため、治療を始めてもすべて除去するまでに回数が必要となり、取り切れなければ中途半端にタトゥーが浮かび上がる状態になるでしょう。完璧に消してしまわなければ、タトゥーの残りがお世辞にもキレイとは言えない跡になります。

お尻の皮膚は普段から痛みを感じる機会がないため、Qスイッチレーザーの施術では厳しいものがあるかもしれません。脂肪の多い部位とはいえ、痛みが強ければ気持ちの面で施術に通うのも難しくなってきます。

ダウンタイムやリスクを踏まえる

いずれの方法を選ぶとしても、ダウンタイムやリスクを考慮しなければいけません。それぞれの治療法で違うメリットとデメリットを解説しました。

剥離治療

一般的な剥離治療でのダウンタイムは2週間程度とされていますが、背中のタトゥーを剥離手術で消す場合、範囲の広さを考えて通常の時間が適用できないかもしれません。また、背中であれば傷口の状態を確認することが難しく、自分で見るためには合わせ鏡のような状態を作る必要があるでしょう。

ケロイドや感染のリスクもあり、傷口が落ち着くまで仰向けに眠れない可能性もあります。お尻の場合も同じで、便座に座るとき痛みを感じることも。

ダウンタイムが長くリスクが大きい 術後の管理が難しい

植皮治療

植皮治療でもダウンタイムは2週間程度とされていますが、広範囲の背中に手術を施すと仮定すれば、それ以上の時間が必要になるかもしれません。感染や血腫などのリスクがあり、場合によっては生着の甘さが、移植に提供した皮膚の壊死を招くこともあります

お尻にあるワンポイントのタトゥーであれば手術はできますが、術後の管理が難しいことに変わりありません。剥離治療と同じで、背中の場合は患部の状態を見ることができず、浸出液が出ているかどうかもわからないため、術後管理を自分以外の誰かにお願いすることになります。

術後管理が最も困難 背中のガーゼ交換ができない

ピコレーザー

背中であってもお尻であっても、基本的にピコレーザーにはダウンタイムが存在しません。照射後の痛みや腫れはごくわずかで、重大なリスクもないです。日焼けには気をつける必要もありますが、日常生活に差し支えるような術後管理はないでしょう。

何度か施術に通う

Qスイッチレーザー

Qスイッチレーザーのダウンタイムは1週間程度で、そこから少しずつ痛みや腫れも減っていきます。ピコレーザーよりも照射時間が長くなるため、皮膚に加えられる熱量が多く痛みや腫れは免れないでしょう。手術のようなリスクはありませんが、一時的に炎症して色素沈着する場合もあります。

ピコレーザー以上に施術へ通う(黒のみ対応) 白浮きする可能性あり

以上のまとめとして、安全性やタトゥー除去の効果から、ピコレーザーが一番相応しいという結果になります。

関連してよく読まれているページ

価格を
チェック

ピコシュアで施術が受けられる
おすすめクリニック3
ピコビューティー
クリニック
ピコビューティークリニック
価格
ピコトーニング
14,800円(税別)
ピコフラクショナル
39,800円(税別)
タトゥー除去 25cm2
27,000円(税別)
銀座みゆき通り美容外科
銀座みゆき通り美容外科
価格
ピコトーニング
15,000円(税別)
ピコフラクショナル
40,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
38,500円(税別)
秋葉原F2クリニック
秋葉原F2クリニック
価格
ピコトーニング
14,000円(税別)
ピコフラクショナル
38,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
39,800円(税別)

Copyright (C)タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証 All Rights Reserved.