タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証

美容通も絶賛のピコレーザーで、肌の悩みにサヨナラ!

サイトマップ

ピコレーザーを徹底検証 » 【タトゥー除去編】ピコレーザーできれいに消える? » 部位別タトゥー除去におけるピコレーザーの症例・注意点 » 背中・お尻

タトゥー除去も美肌ケアも!
ピコレーザー
徹底

目的別おすすめ
クリニックはこちら

サイトマップ

背中・お尻

このページでは、背中のタトゥー除去の症例と、背中やお尻のタトゥーを消すための方法について紹介しています。

ピコレーザーでタトゥー除去の症例写真【背中】

背中のタトゥー除去前の写真 背中のタトゥー除去アフター画像
Before After(ピコレーザー3回)

画像参照元:ピコビューティークリニック公式サイト  http://pico-beauty.jp/tattoo/add/treatment4.html

背中のタトゥー除去をピコレーザーで行った途中経過の写真です。かなりはっきり彫られたタトゥーでしたが、3回照射でかなり薄くなっています。この後も照射を重ねることで、どんどん目立たなくなっていきます。

タトゥーの彫りの深さや色によって、ピコレーザーの照射回数もかわってくるようです。こんなに大きいタトゥーだと他のタトゥー除去法では、傷痕が広範囲に渡って残ってしまいます。症例写真を見ても、ピコレーザーなら安心してタトゥーを除去することができますね。

背中やお尻のタトゥーを消すには

背中やお尻のタトゥーは、服を着用しているときは見えにくいものの『自然に服を脱ぐのがためらわれる』という状況を生み出しやすくします。また部位によって、気になる点もさまざま。以下で解説していきましょう。

背中

背中は、人体の中でも比較的起伏の少ない部位ですので、広範囲のタトゥーを入れることが可能。その筋の男性の全身に彫られた入れ墨の中でも、背中の図柄は大きなハイライトとなっています。

広範囲のタトゥーの場合、手術を選択することになりますが、タトゥーの代わりに大きな傷跡が残ります。皮膚移植の場合、肌がうろこ状になってしまうため、人には見せられなくなってしまうでしょう。

また日常の何気ない動作の中でも、皮膚が収縮しやすい部位にあたるため、長期間のダウンタイムを強いられることになります。

近年は、首から背中にかけてタトゥーを施す人も多くなっています。こうしたケースを除去する場合に、レーザー施術が適用されることもありますが、完全な除去は難しくなっています。なかなか思うような結果が出ないのに、施術中にかなりの痛みが伴うため、途中で施術を断念してしまう人も多いのです。

お尻

お尻の場合、ワンポイントのタトゥーを施す人が多いようです。とは言え、その除去が簡単というわけではありません。背中と同じく皮膚が収縮しやすい部位にあたるため、術後の安静を強いられるのです。

また本来、セックスアピールに重要な部位に傷跡が残ってしまう結果は避けられません。特にQスイッチレーザーでの施術の場合は、完全な除去が難しいケースが多くなっています。レーザーを照射する際の痛みがひどいので、途中で断念してしまう人も多くなっているのです。

背中やお尻のタトゥー除去の際の注意点

背中

背中にあるタトゥーを除去するときの注意点は、タトゥーの深さや色、位置に合わせた施術方法を選ぶことです。色が深く入っているタトゥーは消えにくく、深くまで削る必要があるためケロイド状になってしまうことがあります。また、背骨付近は、薄いタトゥーでもケロイド状になってしまうケースも…。しっかりと医師に相談して、どういった施術方法が自分のタトゥーには合っているのかを判断してもらうようにしましょう。

また、衣服が施術部分に刺激を与えてしまうことで完治が長引いてしまう可能性があるため、術後には衣類にも気をつけなければなりません。

お尻

お尻のタトゥー除去は、皮膚が引っ張られている感覚が残ったり、お尻の形が崩れてしまう可能性があるので、注意しておきたいところ。

お尻は座ったときに上半身を支える部位のため、タトゥーの除去後は2週間程度「座る」ことを避ける必要があります。お尻のタトゥーを除去する際は仕事や私生活に確実に支障を与えてしまうことを覚えておきましょう。

背中・お尻のタトゥー除去に最適な治療方法とは

タトゥーの中でも、背中は広範囲に濃く彫られているものが多く、お尻はワンポイントのものを入れる人が多いといいます。いずれにしても服を脱ぐタイミングで目立ってしまう部位です。

背中の場合は広い範囲に傷跡が残らないこと、お尻の場合は傷跡が残らないことやお尻の形に影響を与えないことが治療方法を選択する上で重要となるでしょう。

切除手術を行うと、背中に大きな傷跡が残ったり、ケロイド状になったりすることがあります。お尻の場合はお尻の形が崩れてしまう可能性も。

皮膚移植を行うという選択肢もありますが、肌がうろこ状になり、治療しても服を脱ぐのに抵抗があることには変わりない……という状態になってしまいます。

Qスイッチレーザーにはそういったデメリットはないですが、施術中の痛みが激しく、施術が完了するまで耐えられない人も多数います。タトゥーの色によっては効果が薄く、除去できないケースもあるのが現状です。

また、ダウンタイムを長く必要とするため、デスクワークなど座って仕事をする人には向いていないといえるでしょう。

Qスイッチレーザーと比べ施術中の痛みが少ないのがピコレーザーです。

従来のレーザーは施術後に水膨れや出血を起こすことがありますが、ピコレーザーにはそういった症状は少なく、ダウンタイムも短時間で済みます。タトゥーの色に効果が左右されにくいのもメリットです。

つまり、背中・お尻のどちらのタトゥーにも効果的なのはピコレーザーによる治療だと考えられます。

関連してよく読まれているページ

価格を
チェック

ピコシュアで施術が受けられる
おすすめクリニック3
ピコビューティー
クリニック
ピコビューティークリニック
価格
ピコトーニング
14,800円(税別)
ピコフラクショナル
39,800円(税別)
タトゥー除去 25cm2
27,000円(税別)
銀座みゆき通り美容外科
銀座みゆき通り美容外科
価格
ピコトーニング
15,000円(税別)
ピコフラクショナル
40,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
38,500円(税別)
秋葉原F2クリニック
秋葉原F2クリニック
価格
ピコトーニング
14,000円(税別)
ピコフラクショナル
38,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
39,800円(税別)

Copyright (C)タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証 All Rights Reserved.