タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証

美容通も絶賛のピコレーザーで、肌の悩みにサヨナラ!

サイトマップ

ピコレーザーを徹底検証 » 【タトゥー除去編】ピコレーザーできれいに消える? » 部位別タトゥー除去におけるピコレーザーの症例・注意点 » 胸・お腹

タトゥー除去も美肌ケアも!
ピコレーザー
徹底

目的別おすすめ
クリニックはこちら

サイトマップ

胸・お腹

このページでは、お腹のピコレーザーでのタトゥー除去の症例と、胸やお腹のタトゥーを消すための方法について解説しています。

ピコレーザーでタトゥー除去の症例写真【お腹】

お腹のタトゥー除去前後の画像

画像参照元:ピコビューティークリニック公式サイト  http://pico-beauty.jp/tattoo/

お腹のタトゥー除去をピコレーザーで行った写真です。照射回数は不明ですが、おへその上のハートのタトゥーが消滅していますね。

これまでのレーザーだとカラフルな色は消すのが難しいといわれていますが、カラフルなタトゥーもここまで消えるのはピコレーザーならでは。特に女性の場合、お腹のタトゥー除去は、将来の妊娠や出産を考えて、慎重に行わなくてはいけない部位です。ピコレーザーなら安心して除去できそうですね。

胸・お腹のタトゥーを消すには

胸やお腹のタトゥーは、服を着ている状態だと見えにくいものの『服を脱ぐのがためらわれる』という状況を生み出しやすくします。また部位によって、気になる点もさまざま。以下で紹介していきましょう。

胸のタトゥーは、男性の場合は比較的広範囲に、女性の場合はワンポイントで彫られているケースが多いようです。

広範囲のタトゥーの場合、他の部位と同じく切除法かレーザー施術を選択することになりますが、いずれの場合もタトゥーの代わりに大きな傷跡が残ってしまいます。

ワンポイントのタトゥーの場合、切除法が選択されることは稀です。例えば片方の胸元だけに入っているタトゥーを切除すると、胸の左右バランスがおかしくなったり、乳首の位置や乳輪のかたちに異常が出るからです。

そこでQスイッチレーザーでの施術となるわけですが、完全な除去が難しいケースも多いようです。Qスイッチレーザーでのタトゥー除去は、施術中にかなりの痛みが伴うにも関わらず、なかなか思うような結果が出ないため、途中で施術を断念してしまう人も多いのです。

お腹

お腹のタトゥーは、おへその周りに施されるケースが多め。いざ除去、という段階でも、さまざまな問題があります。皮膚下に内臓が集中している部位のため、腕の良い医師に依頼しないと、予期せぬ後遺症などのリスクに悩まされる可能性があるからです。

このため、切除法はできるだけ避けたいもの。特に女性の場合、将来的な妊娠・出産の可能性を考えるとリスクは大きくなります。胎児が成長するに連れ、お腹の皮膚は広がっていくことになりますので、縫合した手術跡が開いてしまう可能性があるのです。

お腹のタトゥー除去は、安全性が高く後遺症のリスクが少ないレーザー治療を採用するケースが、ほとんど。しかし、従来からあるQスイッチレーザー施術の場合は、完全な除去が難しいようです。施術中にひどい痛みが伴うため、途中でタトゥー除去を断念してしまう人も多いのです。

胸・お腹のタトゥー除去に関する注意点

胸まわり・お腹まわりのタトゥーを除去する前に知っておきたい注意点をそれぞれまとめました。

胸の皮膚は身体の皮膚の中でもとくにデリケート。大きなタトゥーの場合、切除手術を受けた90%がケロイドになると言われているほどです。胸の皮膚はとても薄いため、小さなタトゥー除去でもケロイドになる可能性はあります。

また、広範囲に渡る胸のタトゥーを除去する場合は、胸のラインが崩れる、乳輪・乳頭の位置がずれるなどのリスクも。もし形が崩れてしまった場合は、タトゥー以上のコンプレックスを感じたり、修正手術を何度も受けることになるでしょう。

そのため、胸のタトゥーの場合はメスを使用する切除治療自体を避けるのがベターです。

お腹

お腹は脂肪がつきやすい分、皮膚は柔らかいのが特徴。除去治療はとても難しく、医師の技術が試される部位です。ほかの部位のような皮膚のハリがないため、少しずつ表皮を削る剥離法での除去は難しいでしょう。また、切除手術もおへそを変形させる恐れがあります。お腹のタトゥーに関しては、人によって「きれいに消えた!」という治療法がバラバラなので、あなたが信頼できる医師を探すのが得策です。腹部のタトゥー除去の症例数、口コミなどをチェックしたうえで、治療を受けるクリニックを選んでください。

胸・お腹のタトゥー除去に最適な治療方法とは

胸やお腹のタトゥーは男性でも女性でも入れる方がいます。男性の場合は範囲の広さをカバーできる治療方法を、女性の場合は胸の形や妊娠・出産リスクを考慮した治療方法を選択する必要があるでしょう。

まず、切除手術に関してです。胸の皮膚はデリケートなため、小さなタトゥー除去でもケロイドになる確率が高く、胸の形が崩れるリスクがあるため男性にとっても女性にとってもデメリットの多い治療方法だといえます。範囲が広ければ広いほど傷跡が目立ってしまいます。

お腹は医師の腕が試される上、妊娠・出産時にリスクを生じるため特に女性は避けたい方法となるでしょう。

Qスイッチレーザーに関しては、切除手術よりも安全性が高いため選択肢としては上位に挙がるでしょう。しかしながら、施術中に強い痛みを感じることや黒いタトゥー以外にはあまり効果がないことが難点です。

その点、同じレーザー治療でもピコレーザーによる施術はより安全性が高く、タトゥー周辺の皮膚への負担も少なく済みます。男性にも女性にもリスクの少ない方法と考えられています。

また、Qスイッチレーザーよりも短時間の照射で高い効果が得られるため、痛みが少なく美しい除去跡が特徴的です。黒以外の色でタトゥーを入れた場合でも、ほとんど分からないレベルにまで除去することが可能です。

このことから、胸・お腹のタトゥー除去に向いている治療方法は、ピコレーザーだと考えられます。

関連してよく読まれているページ

価格を
チェック

ピコシュアで施術が受けられる
おすすめクリニック3
ピコビューティー
クリニック
ピコビューティークリニック
価格
ピコトーニング
14,800円(税別)
ピコフラクショナル
39,800円(税別)
タトゥー除去 25cm2
27,000円(税別)
銀座みゆき通り美容外科
銀座みゆき通り美容外科
価格
ピコトーニング
15,000円(税別)
ピコフラクショナル
40,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
38,500円(税別)
秋葉原F2クリニック
秋葉原F2クリニック
価格
ピコトーニング
14,000円(税別)
ピコフラクショナル
38,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
39,800円(税別)

Copyright (C)タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証 All Rights Reserved.