タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証

美容通も絶賛のピコレーザーで、肌の悩みにサヨナラ!

サイトマップ

ピコレーザーを徹底検証 » 【タトゥー除去編】ピコレーザーできれいに消える? » 部位別タトゥー除去におけるピコレーザーの症例・注意点 » 胸・お腹

タトゥー除去も美肌ケアも!
ピコレーザー
徹底

目的別おすすめ
クリニックはこちら

サイトマップ

胸・お腹

このページでは、お腹のピコレーザーでのタトゥー除去の症例と、胸やお腹のタトゥーを消すための方法について解説しています。

ピコレーザーでタトゥー除去の症例写真【お腹】

お腹のタトゥー除去前後の画像

画像参照元:ピコビューティークリニック公式サイト  http://pico-beauty.jp/tattoo/

お腹のタトゥー除去をピコレーザーで行った写真です。照射回数は不明ですが、おへその上のハートのタトゥーが消滅していますね。

これまでのレーザーだとカラフルな色は消すのが難しいといわれていますが、カラフルなタトゥーもここまで消えるのはピコレーザーならでは。特に女性の場合、お腹のタトゥー除去は、将来の妊娠や出産を考えて、慎重に行わなくてはいけない部位です。ピコレーザーなら安心して除去できそうですね。

胸・お腹のタトゥーを消すには

胸やお腹のタトゥーは、服を着ている状態だと見えにくいものの『服を脱ぐのがためらわれる』という状況を生み出しやすくします。また部位によって、気になる点もさまざま。以下で紹介していきましょう。

胸のタトゥーは、男性の場合は比較的広範囲に、女性の場合はワンポイントで彫られているケースが多いようです。

広範囲のタトゥーの場合、他の部位と同じく切除法かレーザー施術を選択することになりますが、いずれの場合もタトゥーの代わりに大きな傷跡が残ってしまいます。

ワンポイントのタトゥーの場合、切除法が選択されることは稀です。例えば片方の胸元だけに入っているタトゥーを切除すると、胸の左右バランスがおかしくなったり、乳首の位置や乳輪のかたちに異常が出るからです。

そこでQスイッチレーザーでの施術となるわけですが、完全な除去が難しいケースも多いようです。Qスイッチレーザーでのタトゥー除去は、施術中にかなりの痛みが伴うにも関わらず、なかなか思うような結果が出ないため、途中で施術を断念してしまう人も多いのです。

お腹

お腹のタトゥーは、おへその周りに施されるケースが多め。いざ除去、という段階でも、さまざまな問題があります。皮膚下に内臓が集中している部位のため、腕の良い医師に依頼しないと、予期せぬ後遺症などのリスクに悩まされる可能性があるからです。

このため、切除法はできるだけ避けたいもの。特に女性の場合、将来的な妊娠・出産の可能性を考えるとリスクは大きくなります。胎児が成長するに連れ、お腹の皮膚は広がっていくことになりますので、縫合した手術跡が開いてしまう可能性があるのです。

お腹のタトゥー除去は、安全性が高く後遺症のリスクが少ないレーザー治療を採用するケースが、ほとんど。しかし、従来からあるQスイッチレーザー施術の場合は、完全な除去が難しいようです。施術中にひどい痛みが伴うため、途中でタトゥー除去を断念してしまう人も多いのです。

胸・お腹のタトゥー除去に関する注意点

胸まわり・お腹まわりのタトゥーを除去する前に知っておきたい注意点をそれぞれまとめました。

胸の皮膚は身体の皮膚の中でもとくにデリケート。大きなタトゥーの場合、切除手術を受けた90%がケロイドになると言われているほどです。胸の皮膚はとても薄いため、小さなタトゥー除去でもケロイドになる可能性はあります。

また、広範囲に渡る胸のタトゥーを除去する場合は、胸のラインが崩れる、乳輪・乳頭の位置がずれるなどのリスクも。もし形が崩れてしまった場合は、タトゥー以上のコンプレックスを感じたり、修正手術を何度も受けることになるでしょう。

そのため、胸のタトゥーの場合はメスを使用する切除治療自体を避けるのがベターです。

お腹

お腹は脂肪がつきやすい分、皮膚は柔らかいのが特徴。除去治療はとても難しく、医師の技術が試される部位です。ほかの部位のような皮膚のハリがないため、少しずつ表皮を削る剥離法での除去は難しいでしょう。また、切除手術もおへそを変形させる恐れがあります。お腹のタトゥーに関しては、人によって「きれいに消えた!」という治療法がバラバラなので、あなたが信頼できる医師を探すのが得策です。腹部のタトゥー除去の症例数、口コミなどをチェックしたうえで、治療を受けるクリニックを選んでください。

最も効果的な除去法とは

『手術もレーザーもダメならどうすれば…?』、そんな風に悩んでいる人にぜひ検討してほしいのが、最新のレーザー機器・ピコレーザーです。こちらは美容施術だけでなく、タトゥー除去にも活用されているレーザーです。以下の特徴があります。

  • これまでのレーザー機器は黒などの色にしか反応しなかったが、ピコレーザーは緑や青などの色にも反応。より広範囲な対応が可能になった。
  • タトゥー周辺の皮膚を無駄に傷つけないため、これまでのレーザーより除去跡が美しい。
  • 従来のレーザーよりも痛みが少ない。これまでに途中で除去施術を挫折した人でも、充分に再検討可能。
  • これまでのレーザーよりも短期間で効果が出るため、何らかのイベントを控え、除去を急ぎたい人にもおすすめ。

いかがでしょうか?デメリットも多い他の除去法に比べ、おすすめできる理由がピコレーザーにはたくさんあります。これから胸・お腹のタトゥーを除去したいと考えている人も、以前除去を挫折したという人も、ぜひピコレーザーの情報をチェックしてみてくださいね。

【タトゥー除去編】ピコレーザーできれいに消える?を見る>>

ピコレーザーとQスイッチレーザーとの違い

脱毛クリニックで根強い人気を誇る「Qスイッチナノセカンドレーザー」と最近注目を集めている「ピコシュアレーザー」の違いをご存知ですか?波長・痛み・対応可能なタトゥーの色など、気になるポイントごとに比較しているので、チェックしてみてください。

  除去
効果
対応カラー/
波長が届く深さ
痛み 特徴
ピコシュア
レーザー
二重丸 黒・茶・紫・青・緑/755ナノメートル
黄・橙・赤/532ナノメートル
  • 色素を衝撃波で粉砕するレーザー
  • 炎症や色素沈着が起こりにくい
  • カラータトゥーにも高い効果を発揮する
  • メラニン色素に対する波長の吸光度(濃度)は約3倍
  • 照射スピードは1兆分の1秒
Qスイッチ
ナノセカンド
レーザー
丸 黒・茶・紫/1064ナノメートル
黄・橙・赤/532ナノメートル
  • 色素を熱で破壊するレーザー
  • 炎症の跡や色素沈着が残りやすい
  • 黒いタトゥーにのみ高い効果を発揮する
  • メラニン色素に対する波長が届く深さは1000ナノメートルと最深
  • 照射スピードは10憶分の1秒

ピコシュアレーザーは、Qスイッチナノセカンドレーザー以上に「肌細胞に優しいレーザー」なんです。熱を使ってタトゥーの色素を破壊するQスイッチナノセカンドレーザーは、どうしても周りの肌細胞を傷つけてしまいます。対して、ピコシュアレーザーは熱量を抑え、衝撃派を加えた最新レーザー。炎症や痛みを抑えながらも高い効果を発揮するので、デリケートな胸部や腹部のタトゥー除去にぴったりですよ。肌への負担が少ない分、胸部のタトゥー除去で90%の人がなると言われている「ケロイド」になる可能性も低いですよ。

また、タトゥーの色を問わず、しっかり除去効果を発揮するのも嬉しいポイント。真っ赤なハートのタトゥーや、緑・紫・黄などを使ったカラフルなアメコミ風タトゥーなどでも複数回ピコシュアレーザーを照射すれば除去できます。

また、肝斑やくすみ、日焼けやシミ、シワ、ニキビ跡などの肌トラブルにも効果があるという嬉しい情報も!

デリケートな胸部・腹部のタトゥー除去を考えているなら、ピコシュアレーザーを利用しない手はないですね。

価格を
チェック

ピコシュアで施術が受けられる
おすすめクリニック3
ピコビューティー
クリニック
ピコビューティークリニック
価格
ピコトーニング
14,800円(税別)
ピコフラクショナル
39,800円(税別)
タトゥー除去 25cm2
27,000円(税別)
銀座みゆき通り美容外科
銀座みゆき通り美容外科
価格
ピコトーニング
15,000円(税別)
ピコフラクショナル
40,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
38,500円(税別)
秋葉原F2クリニック
秋葉原F2クリニック
価格
ピコトーニング
14,000円(税別)
ピコフラクショナル
38,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
39,800円(税別)

Copyright (C)タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証 All Rights Reserved.