タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証

美容通も絶賛のピコレーザーで、肌の悩みにサヨナラ!

サイトマップ

ピコレーザーを徹底検証 » 【タトゥー除去編】ピコレーザーできれいに消える? » 部位別タトゥー除去におけるピコレーザーの症例・注意点 » 腕・手

タトゥー除去も美肌ケアも!
ピコレーザー
徹底

目的別おすすめ
クリニックはこちら

サイトマップ

腕・手

このページでは、腕や手のタトゥー除去の症例の紹介と、タトゥーを消すための方法について調査しています。

ピコレーザーでタトゥー除去の症例写真【腕】

腕のタトゥー除去前の写真 腕のタトゥー除去アフター画像
Before After(ピコレーザー5回)

画像参照元:ピコビューティークリニック公式サイト  http://pico-beauty.jp/tattoo/add/treatment4.html

腕のタトゥー除去をピコレーザーで行った写真です。5回照射でかなり薄くなっています。タトゥーの彫りの深さや色によって、ピコレーザーの照射回数もかわってくるようです。

この症例の場合、濃い部分(深く彫られた部分)はまだ少し色が残っていますが、5回の照射でここまで消えるのはピコレーザーならでは。これまでのレーザー治療ではこんなに少ない回数でここまでは消えませんし、切除法などのメスを入れる方法だと跡が残ってしまいます。

金額や仕上がりなどを考えても、ピコレーザーがいかに優れているかがわかりますね。

腕や手のタトゥーを消すには

腕や手に入れたタトゥーは、季節によって人目に触れやすくなるため、隠すのにもひと苦労です。また部位によって、気になる点もさまざま。以下で紹介していきます。

腕は、広範囲にタトゥーを入れることができる部位です。このため、除去が困難を極める場合も…。大きいタトゥーの場合、肌にメスを入れる手術を、数回に分けて行うこともあります。

しかし切除などの手術はダウンタイムが長いだけでなく、大きな傷跡が残りがち。せっかくタトゥーが消えても、見る人を驚かせてしまうような痛々しい肌に仕上がってしまいます。もちろん、費用もかさむでしょう。

またQスイッチレーザー施術の場合は、完全な除去が難しいケースが多いのが現状です。施術中にかなりの痛みが伴うにも関わらず、思うような結果が出ないため、途中で施術を断念してしまう人も多くなっているのです。

手・指

手や指は、ワンポイントのタトゥーを入れるのに適した部位です。しかし常に露出している部位でもありますので、一度除去したくなってしまうと、隠すのが大変。特に仕事をしている時などは、どうしても人目につきやすくなってしまいます。

いざ除去、という段階でも、さまざまな問題があります。手や指は血管が多く、皮膚がほかの部位と比べて薄いので、メスを入れる手術後に痛みを感じやすいのです。タトゥーの位置によっては神経のそばにメスを入れることもあるので、後遺症のリスクも考えられます。

このため手や指のタトゥー除去は、安全性が高く後遺症のリスクが少ないレーザー治療を採用するケースが、ほとんどです。しかしQスイッチレーザー施術の場合、手や指のタトゥーを完全に除去するのが難しいケースが多くなっています。施術中にひどい痛みが伴うにも関わらず、なかなかきれいに消えないため、途中で諦めて施術を断念してしまう人が多いのです。

腕や手のタトゥー除去の際の注意点

タトゥーや刺青の除去に関する相談の半数が腕や二の腕部分だと言われています。除去手術を受けるうえでの注意点をまとめているので、ご参考ください。

腕に入ったタトゥーを切除手術により除去した場合、「タオルで思いっきり絞ったような痛み」という独特の表現が用いられるほどの自覚症状を感じます。睡眠薬がないと眠れないくらいの痛みなので、広範囲に渡る腕のタトゥーの除去を安易に提案してくるクリニックには注意が必要です。

腕の周りには多くの神経や血管が通っているため、タトゥー除去によって血流が悪くなったり、しびれたりする可能性もあります。分割除去の場合は、途中でタトゥー除去を諦めてしまう方も多くいるようです。腕のタトゥーを除去する際には、必ず信頼のおける医師のもとで治療を受けましょう。

手・指

手の甲や指背の皮膚下には、指を曲げ伸ばしするための伸筋腱(しんきんけん)が存在します。もし、タトゥーの切除手術で伸筋腱を傷つけてしまうと、手指が伸展不能になり変形してしまう恐れが。手のひらはタトゥー除去をすると最も痛い部位です。常に動かす部位なので、術後も激しい痛みを伴う可能性もあります。そのため、なるべくメスを使用しない除去法を選択するのがベストです。

手や指背にある小さなタトゥーなら、クリニックの安全性に関する口コミをもとに検討したうえで、レーザー施術を受けると良いでしょう。

最も効果的な除去法とは

『手術もQスイッチレーザーもダメ、ではどうすれば…?』、そんな風に悩んでいる人におススメなのが、最新のレーザー機器・ピコレーザーです。こちらは美容施術だけでなく、タトゥー除去にも活用されるマシンです。以下の特徴があります。

  • これまでのレーザー機器は黒など特定の色にしか反応しなかったが、ピコレーザーは緑や青などカラフルな色にも反応。より広範囲な対応が可能になった。
  • タトゥー周辺の皮膚を無駄に傷つけないため、これまでのレーザーより除去跡が美しい。
  • 従来のレーザーよりも痛みが少ない。これまでに途中で除去施術を挫折した人でも、充分に再検討可能。
  • これまでのレーザーよりも短期間で効果が出るため、何らかのイベントを控え、除去を急ぎたい人にもおすすめ。

いかがでしょうか?デメリットも多い他の除去法に比べ、おすすめできる理由が多くあります。これから腕・手のタトゥーを除去しようという人も、以前除去を挫折したという人も、ぜひピコレーザーの情報をチェックするようにしてください。

【タトゥー除去編】ピコレーザーできれいに消える?を見る>>

ピコレーザーとQスイッチレーザーとの違い

クリニックで導入しているピコレーザーの中でも、特に導入数の多いピコシュアと各Qスイッチレーザーの違いを調査しました。照射深度の違いや痛みの有無、対応可能な色やそれぞれの特徴をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

  照射深度 対応可能な色 痛み 特徴
ピコレーザー 1,064nm
または
532nm
黒、青、赤、黄、緑など多数 少ない
  • Qスイッチレーザーに比べパルス幅が短く、タトゥーだけにアプローチできる。
  • 短時間で効果的な施術が可能。
  • 痛みが少ない
  • 照射深度はQスイッチレーザーと互角。
  • 対応可能な色が飛躍的に増加。
Qスイッチ
YAGレーザー
1,064nm 黒、青
  • タトゥー除去のために開発されたレーザー。
  • 肌の深部にアプローチ可能。
  • 周辺組織を傷つけにくい。
半波長
Qスイッチ
YAGレーザー
532nm 黒、赤系
  • 皮膚表面の色素にのみアプローチ可能。
  • ダウンタイムが少ない。
  • 赤いタトゥーにも対応。
Qスイッチ
アレキサンドライト
レーザー
755nm
  • YAGレーザーよりは照射深度は浅い。
  • ほかのQスイッチレーザーよりも低刺激。
Qスイッチ
ルビー
レーザー
694nm
  • 皮膚表面の色素にのアプローチ。
  • ダウンタイムが少ない。

ピコレーザーは従来のレーザー機器などに比べ、赤・オレンジ・黄色・緑・青・紫・茶色といった黒い外のカラフルな色にも反応し、より広範囲な対応が可能になりました。タトゥーの色素だけにターゲットを絞って短時間でレーザー光を照射できるため、周囲の組織に影響を与えることがありません。痛みも比較的に少ないのが特徴です。皮膚を傷つけないので、傷跡も残りません。過去に手や腕のタトゥー除去を途中で諦めてしまった人におすすめ。

また、従来のレーザーの1/2~1/3の回数でタトゥーを除去できる点も嬉しいポイントです。早く、優しく、綺麗に手や腕のタトゥーを除去できる優れもの。どのレーザー治療を受けようか迷っている方は、ピコレーザーを使った最新機器「ピコシュア」を検討してみてはいかがでしょうか。

価格を
チェック

ピコシュアで施術が受けられる
おすすめクリニック3
ピコビューティー
クリニック
ピコビューティークリニック
価格
ピコトーニング
14,800円(税別)
ピコフラクショナル
39,800円(税別)
タトゥー除去 25cm2
27,000円(税別)
銀座みゆき通り美容外科
銀座みゆき通り美容外科
価格
ピコトーニング
15,000円(税別)
ピコフラクショナル
40,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
38,500円(税別)
秋葉原F2クリニック
秋葉原F2クリニック
価格
ピコトーニング
14,000円(税別)
ピコフラクショナル
38,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
39,800円(税別)

Copyright (C)タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証 All Rights Reserved.