タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証

美容通も絶賛のピコレーザーで、肌の悩みにサヨナラ!

サイトマップ

ピコレーザーを徹底検証 » 【タトゥー除去編】ピコレーザーできれいに消える? » 部位別タトゥー除去におけるピコレーザーの症例・注意点 » 脚

タトゥー除去も美肌ケアも!
ピコレーザー
徹底

目的別おすすめ
クリニックはこちら

サイトマップ

このページでは、脚のピコレーザーでのタトゥー除去の症例と、脚のタトゥーを消すための方法について調査しています。

ピコレーザーでタトゥー除去の症例写真【脚】

脚のピコレーザーでのタトゥー除去前後の画像

画像参照元:ピコビューティークリニック公式サイト  http://pico-beauty.jp/tattoo/

足の甲のタトゥー除去をピコレーザーで行った写真です。照射回数は不明ですが、足の甲に入っていたタトゥーがキレイに消えていますね。

紫のタトゥーの部分は、彫りが浅かったのか、ピコレーザーでのタトゥー除去後は、入っていたのがわからないくらいです。もちろん、深く入っていたタトゥーもピコレーザーの照射回数を重ねることで、キレイに消えるそうなので、期待できますね。

脚のタトゥーを消すには

『若気の至りで入れてしまったタトゥーをなんとか消したい!』、そんな悩みを持つ人は多いです。脚はタトゥーを入れる中でも人気部位のひとつ。図柄も大きなものからワンポイント、そして太ももや足首の外周に彫られたものなどさまざま。共通しているのは『人目につきやすい』という点で、短いパンツやスカートを履く際は、隠すのにもひと苦労です。

脚のタトゥー除去に関しては、治療を受ける前に検討を重ねる必要があります。方法によっては大きな傷跡が残ってしまうため、別の意味で人目につきやすくなってしまうからです。また、毎日何気なく動かしている脚に「夜も眠れないほどの痛み」と形容されるダウンタイムが重くのしかかるケースもあるため、『いつ、どのように除去するか』を慎重に検討しなければなりません。

  • 皮膚にメスを入れる手術には、ある程度のリスクが伴います。太ももは皮膚の伸縮性が豊かな部位なので、どうしても複数回の手術が必要となってきます。無理して一度で終わらせようとすると、合併症リスクが高まる危険性も…。
  • 足首は皮膚が薄いため、タトゥーを除去する際には主にレーザー施術が適用されます。

脚のタトゥーを除去する際の注意点

太もも

太ももはよく動かす部位であるため、大きめのタトゥー除去をする際は赤黒くて幅の広い傷跡が残ります。また、ももの外側は下着の圧迫やズボンで擦れやすいため、削皮治療は不向きです。施術跡が赤く盛り上がり、ミミズ腫れのようになる「肥厚性瘢痕」になる可能性があるためです。医師としっかりと相談したうえで施術方法を決めるといいでしょう。また施術後は、擦れないようなゆったりした服を着ると悪化や痛みを防げますよ。

ふくらはぎ

小さなタトゥーや細長いタトゥーの場合は切除法でも問題ありません。しかし、大きなタトゥーは切除法を避けるのがベスト。ふくらはぎは皮膚が薄く、日常生活でも頻繁に動かしたり体重がかかったりする部位のため、大きなタトゥーを除去するとうっ血してしまいます。術後2週間は安静する時間を確保しておくと良いでしょう

足首

関節の可動部にあるタトゥー除去はリスクが高いです。切除法だと神経や血管を傷つけたり、皮膚を取り過ぎて後遺症が残ったりする可能性が…。また、うっ血してしまうことも考えられます。

足首は傷みが激しい部位であるため、クリニックを選ぶ際は確かな技術力を持つ医師のもとで治療を受ける必要があります。術後は、足首もふくらはぎと同様、2週間は安静に過ごしましょう。

足の指

足の指はタトゥー除去をする際に特に痛いとされる部位です。日常生活で体重がかかったり動かしたりする部分なので、うっ血する可能性があります。極小のタトゥー以外は入院施設のある場所で治療を受けたほうがいいでしょう。また、ミミズ腫れ状の傷跡ができてしまうと、歩くときに激しい痛みを伴うので、切除法を避けるのがベター。仮に除去手術が成功したとしても、傷跡や痛みが消えるまでに1年くらいかかる人もいます。

脚のタトゥー除去に最適な治療方法とは

足のタトゥー

太ももや足首など、脚はタトゥーを入れる部位として人気があります。ただ、長いパンツを履いているときはわからないものの、夏になって肌を露出するとなると服装に悩む人も。サンダルやクロックスなら足首の除去跡が目立つため、どんな方法を選ぶかしっかり考えておきましょう。

メスを使う治療

タトゥーの大きさによっては切除を選択しても構いませんが、傷跡や後遺症の出るリスクも覚えておいてください。メスを使う治療には大きく2種類あり、剥離治療の場合は、5cm×5cmで20万〜50万円ほどが相場。植皮治療の場合、5cm×5cmで50万円程度と考えておきましょう。ともに、保険適用外の自由診療です。

剥離治療

太ももやふくらはぎの小さなタトゥーなら、切除や削皮も難しくないかもしれませんが、足首や足の指のタトゥーを除去する場合は少し話しが違ってきます。

まず脚は、下肢静脈瘤のできやすい部位だということを知っておきましょう。深い部分にまで浸透しているタトゥーを手術するなら、表在静脈の存在に注意しなければなりません。

色素が皮下組織に達している場合、どこの部分を切除するにしても、年齢や環境によって下肢静脈瘤ができやすくなるため、表在静脈に負担をかけない手術を施すべき医師のスキルが問われます。

足首には後脛骨筋腱や脛骨神経など、運動機能に大切な組織が集中していることで、1つ間違えれば大きな代償を支払うことにならないとも限りません。削皮なら切らないから大丈夫だろう。そう思っているとしても、深く削ることが難しいため完全にタトゥーを取り除けない可能性もあります

足の指の場合は、手術する部位の対象が狭く難しい部位です。傷跡や痛みがなくなるのに1年程かかることもあり、普通に歩くだけでも除去した指をかばうことで、片方の足の指に負荷をかけてしまうかもしれません。そうなるとバランスを崩してしまい、転倒や体の歪みに関係しないとも言えないのです。

植皮治療

脚なら植皮手術をしても術後管理はできますが、足首やふくらはぎ付近であれば、女性はスカートの長さによって除去跡を隠せないことになります。ずっとパンツスタイで良い。

下にタイツを履くから問題ない。そういう対応策もありますが、冠婚葬祭などでスカートを選ばなければならないときもあるため、傷跡が残ってしまう植皮は避けたほうが良いかもしれません。

また、脚に植皮するとなれば、移植元の皮膚はどこから持ってくるのか。見えない部位としてお尻を候補に挙げられますが、それはそれでお尻に傷跡を残すことにもなるので、即断することが難しいでしょう。

足の指のタトゥーは面積が大きくないため、採取する皮膚の面積を心配する必要がありません。でも、歩くたびに生着が遠のいてしまうケースも考えられるため、日常生活への影響もあります

トイレに行くときでさえ足の指へ体重がかかるし、それを片足だけで支えるには限界があるでしょう。松葉杖を使った生活ではないにしても、生着するまでは何らかのサポートに頼らなければならないことも想定されます。

メスを使わない治療

レーザー治療なら足首や足の指にも安全で、ふくらはぎや太もものタトゥーもキレイに除去できます。レーザーを使った治療の場合、5cm×5cmで2万〜4万円ほどが相場。保険適用外の自由診療です。レーザー治療の場合、1回の照射につき料金が発生することに留意しておきましょう。

ピコレーザー

ピコレーザーであればタトゥーに焦点を絞り照射できるため、周辺への熱影響やダメージはほぼありません。除去の効果も高く、照射を重ねることでわからない程度にまで消すことが可能。手術の難しい足首や足の指でも、何の問題もなく対応できます。

膝下から足の甲に渡る幾何学的なデザイン、鮮やかな色使いの鳳凰や蝶であっても、負担のない形で取り除くことができるでしょう。

足首や足の甲はワンポイントの人も多いですが、ワンポイントなだけに英字とマークを組み合わせていたり、動物と図形を合わせたりして、凝った内容に仕上げていることも多く、Qスイッチレーザーでは取残しが起こることも少なくなくありません。

Qスイッチレーザー

黒いタトゥーであればQスイッチレーザーでも施術できますが、足の甲や足首にあるカラータトゥーを消すことはできません。アンクレットの代わりに星や花のモチーフ、太ももならハートや月を入れている人など、オシャレ感覚であればある程、除去する痛みを強く感じてしまう場合もあります。

出力を下げることである程度は軽減できたとしても、まったく痛みがでないわけではありません。ピコレーザーのように繊細な照射ではないため、太ももなどの柔らかい部位では施術も辛いものになりやすいです。

ダウンタイムとリスクから解説

ダウンタイムとリスクから治療を考えて、納得のできる方法を選択してください。

ダウンタイムの長い順

早く仕事へ戻らなければならない。ゆっくり静養する暇がない。いろいろな事情があると思うので、ダウンタイムの長さで比較してみましょう。

長いほうから

このような形式となります。剥離=植皮は2週間程度。Qスイッチレーザーなら1週間程度。ピコレーザーに至ってはダウンタイムがありません。次に通院など、経過に関する時間軸を比べてみます。

経過観察に必要な時間の長さから

経過の観察については治療方法の違いによって差があり、削皮は患部が乾燥してくるまでに2ヶ月くらい必要なため、最も通院の回数が増えます。植皮や切除は1ヶ月くらいと同じですが、個人差はあります。

手術すると医師が完治を認めるまで通院する必要がありますし、経過の観察中に気になる症状が出て、診察しなければならなくなることもあるかもしれません。Qスイッチレーザは、照射後の痛みや腫れ具合で様子を見ます。

ピコレーザーは皮膚への負担がほとんどないので、次回の施術へ向けて間隔を空けるくらいでしょう。

足の甲や足の指、足首へのタトゥーになると、手術をした場合は毎日の過ごし方でダウンタイムが延びてしまう場合も。無理をしたくなくても動かなければならない状況や、自分だけ安静にはできない環境によって、患部の回復が遅れることもあるかもしれません。

タトゥー除去手術を受けたことが言えないことで、のんびり休養できる状態にはなれない人もいます。

リスクの高い順

なるべくリスクは低いほうが良いので、忘れないようにしましょう。

想定されるリスクの多いほうから

メスを入れる手術では、切除・削皮・植皮のすべてに感染のリスクがあります。また、切除と削皮はケロイド。切除と植皮には血腫ができる可能性もあるでしょう。

その他として、切除は行動によって傷口が開いたり、植皮では皮膚が壊死したりという心配があります。術後の管理は自分で行うため、やり方や回数によって、リスクが生じるか生じないかに分かれます。Qスイッチレーザーは照射レベルによる炎症の可能性、ピコレーザーは根本的にほぼ副作用がありません。

ダウンタイムやリスクは、執刀に当たった医師により考え方や認識の違いもありますが、体へメスを入れるとダメージが強いことは間違いありません。それに比べてレーザー治療は負担が少なく、中でもピコレーザーは驚く程タトゥーを取り除くことができます。

関連してよく読まれているページ

価格を
チェック

ピコシュアで施術が受けられる
おすすめクリニック3
ピコビューティー
クリニック
ピコビューティークリニック
価格
ピコトーニング
14,800円(税別)
ピコフラクショナル
39,800円(税別)
タトゥー除去 25cm2
27,000円(税別)
銀座みゆき通り美容外科
銀座みゆき通り美容外科
価格
ピコトーニング
15,000円(税別)
ピコフラクショナル
40,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
38,500円(税別)
秋葉原F2クリニック
秋葉原F2クリニック
価格
ピコトーニング
14,000円(税別)
ピコフラクショナル
38,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
39,800円(税別)

Copyright (C)タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証 All Rights Reserved.