タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証

美容通も絶賛のピコレーザーで、肌の悩みにサヨナラ!

サイトマップ

ピコレーザーを徹底検証 » 【タトゥー除去編】ピコレーザーできれいに消える? » 部位別タトゥー除去におけるピコレーザーの症例・注意点 » 肩

タトゥー除去も美肌ケアも!
ピコレーザー
徹底

目的別おすすめ
クリニックはこちら

サイトマップ

このページでは、肩のタトゥー除去の症例と、タトゥーを消すための方法について紹介しています。

ピコレーザーでタトゥー除去の症例写真【肩】

肩のタトゥー除去前の写真 肩のタトゥー除去アフター画像
Before After(ピコレーザー4回)

画像参照元:ピコビューティークリニックドクター公式ブログ http://ameblo.jp/dr-ho/entry-12273552607.html

肩のタトゥー除去をピコレーザーで行った途中経過の写真です。カラフルなタトゥーでかなり深く彫られています。4回照射後は、難しいと言われている青や赤い部分はわずかに薄く残っていますが、全体的にかなり薄くなっていますね。色が薄く入っていた部分は、ほとんど目立たなくなってきているので、タトゥーの彫りの深さや色によって、ピコレーザーの照射に必要な回数が異なるのがうかがえます。

このサイズで、レーザー以外のタトゥー除去法をするとかなりの金額になりますし、傷痕なども残ってしまうことを考えると、ピコレーザーの優れている点がわかりますね。

肩のタトゥーを消すには

『軽い気持ちで入れてしまったタトゥーを消したい!』、そんな悩みを持つ人はたくさんいます。『職場の人間にバレると、信用を失う』、『タトゥーが入っているために、プールや温泉などに行けない』など、さまざまな弊害も考えられるので、面倒ですよね。

肩~二の腕にかけての部位は、タトゥーを入れる際、人気が高い部位です。図柄も大きなものからワンポイント、そして二の腕の外周に彫られたものなどさまざま。共通しているのは『人目につきやすい』という点で、汗ばむ季節にはどうしても隠すのが難しくなってきます。

切除法に関しては、検討を重ねる必要があります。方法によっては大きな傷跡が残ってしまうため、別の意味で人目につきやすくなってしまいます。また、仕事上などで何気なく動かしている肩に「夜も眠れないほどの痛み」と形容されるダウンタイムが重くのしかかるため、『いつ、どのように除去するか』を慎重に検討しなければなりません。

  • 皮膚にメスを入れる手術には、ある程度のリスクが伴います。特に腋の近辺は多くの神経や血管が走っているため、後遺症の可能性もあると心しておきましょう。
  • Qスイッチレーザーでの施術の場合、小さめのタトゥーでも完全な除去が難しいケースが多いです。施術中にかなりの痛みが伴うのに、すぐには結果が出ないため、途中で施術を断念してしまう人も多くなっています。

肩タトゥー除去の注意点【治療方法別】

肩周りのタトゥーは、小さなものなら切除手術で除去できます。しかし、少し大きなものだと「傷跡が大きく残る」「眠れないほどの痛みが続く」などの問題が起こりうる可能性大。

肩にある少し大きめのタトゥーは、剥削治療か植皮治療で除去しましょう。剥離治療と植皮治療について、それぞれの特徴と注意点をご紹介します。

剥離治療

剥離治療は文字通り、タトゥーがある皮膚表面を剥離させる治療です。薄いタトゥーなら、剥離治療で問題なく除去できます。皮膚へ負担をかけすぎないように、時間をかけて丁寧に治療してもらいましょう。

注意点:剥離治療は、色素が皮膚の奥深くまで沈着しているタトゥーの除去には適しません。治療後に痛みやしびれが残り、長期間苦しむ可能性があるためです。

また、剥離治療によってタトゥーを除去したあとにも注意が必要。皮膚へ負担をかけてしまうと、剥離治療によって薄くなった皮膚は引っ張られ、随時つっぱったような感覚や痺れが残ってしまいます。皮膚が異常に固くなってしまうこともあるので、治療後は必ず安静にしてください。

植皮治療

植皮治療は、肩以外の部位(例:太もも)から皮膚を採取し、タトゥーのある肩に移植する流れです。

まっさらな皮膚を移植するので、一般的には「剥離治療や切除治療よりもきれいにタトゥー除去できそう!」というイメージが強いそう。しかし、実際は難易度の高い手術なので、医師によって仕上がりに差が出ます。

注意点:植皮治療を行なう医師の技量が足りていない場合、皮膚を繋ぎ合わせたのがひと目で分かる肩になってしまいます。パッチワークのような見た目の肩にならないためにも、医師の植皮治療実績をチェックしてから治療を受けるかどうか決めるのがベストです。

少し大きめのタトゥーを除去するには「剥離治療」と「表皮治療」がいいとお話ししましたが、安静にする期間を設けられない人は治療自体を避けた方がいいかもしれません。

肩は関節部分なので、日常的によく動く部位。そのため、タトゥー除去後に普段通りの生活をしていると、治療後のナイーブな皮膚は引っ張られてしまいます。

少しの動きさえ負担になってしまうので、みみず腫れのような見た目の「ケロイド」や「肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)」になる可能性が高いのです。

肩のタトゥー除去治療は、タトゥーの大きさや範囲、治療後安静にできる期間をチェックしてから受けましょう。

肩のタトゥー除去に最適な治療方法とは

タトゥーを入れる部位として人気が高い肩は、洋服である程度隠すことはできるものの、手や腕と並んで人目につきやすいといえます。

特に、夏の時期に薄着になったときや大衆浴場、プールなどに行くときなどに目立つ部位であるため、タトゥー除去の治療を受けるなら、傷跡が残りにくい・キレイに除去できる方法を選択したいものです。

肩のタトゥーはカラフルなものを入れる方が多く、黒い色素にしか反応しないQスイッチレーザーでは除去が難しいといわれています。

そこで切除手術を選択される方もいますが、大きな傷跡が残る上に日常生活に支障をきたすレベルの痛みが生じる可能性があります。

他の治療方法としては剥削治療か植皮治療が挙げられますが、いずれも安静が必要・後遺症が出る可能性があるというデメリットがあります。

ピコレーザーによる施術の場合、これらのデメリットをすべて解消しているといっても良いでしょう。対応できる色素が幅広く、Qスイッチレーザーでは除去できないカラフルなタトゥーも除去可能、広範囲に対応できます。

さらに、切除手術のような強い痛みは感じない、剥削治療か植皮治療のようにダウンタイムをほとんど必要としない……といったメリットを持っているため、比較的早く元の生活に戻ることができるでしょう。

タトゥー除去の治療を受けるのであれば、効果が高くリスクの少ない方法を選択すべきです。肩のタトゥーを除去するのであれば、ピコレーザーがおすすめです。

関連してよく読まれているページ

価格を
チェック

ピコシュアで施術が受けられる
おすすめクリニック3
ピコビューティー
クリニック
ピコビューティークリニック
価格
ピコトーニング
14,800円(税別)
ピコフラクショナル
39,800円(税別)
タトゥー除去 25cm2
27,000円(税別)
銀座みゆき通り美容外科
銀座みゆき通り美容外科
価格
ピコトーニング
15,000円(税別)
ピコフラクショナル
40,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
38,500円(税別)
秋葉原F2クリニック
秋葉原F2クリニック
価格
ピコトーニング
14,000円(税別)
ピコフラクショナル
38,000円(税別)
タトゥー除去 25cm2
39,800円(税別)

Copyright (C)タトゥー除去も、美肌ケアも!ピコレーザーを徹底検証 All Rights Reserved.