東京・大阪ピコレーザー対応クリニック » 【東京編】ピコレーザーでタトゥー除去16クリニック比較 » ピコレーザーでのタトゥー除去に関するQ&A

ピコレーザーでのタトゥー除去に関するQ&A

ピコレーザーでのタトゥー除去に関するQ&Aをまとめました。

Q. ピコレーザーはどのような仕組みでタトゥーを消すのでしょうか?

A. 「ピコ(pico)」とは、長さを表す単位で、「1兆分の1」のことで、ピコレーザーは、「ピコ秒(1兆分の1秒)」という非常に短い時間の照射が可能なレーザーのことです。ピコレーザーでタトゥーを除去する仕組みは、特定の色素に反応する波長のレーザー光線を、ピコ秒単位の短い照射時間で患部にあて、色素を壊すことで色を消します。従来のレーザーでは取りきれなかった皮膚の深部の色素やカラー色素の除去も可能になったレーザーです。

Q. 従来のレーザーとピコレーザーの違いは何でしょうか?

A.従来のレーザーは、「ナノ(nano)秒(10億分の1秒)」の照射が可能です。レーザーは、照射時間が短いほど、皮膚に熱によるダメージを与えずに、色素をより細かく壊すことができます。「ピコ秒(1兆分の1秒)」の照射が可能なピコレーザーは、従来のレーザーに比べ、照射時間が短いため、周辺組織をほとんど傷めずに深部まで照射できます。

また、痛みが少なく(輪ゴムで肌を弾く程度)、色素をより薄くでき、回復が早いため、治療時間や治療期間が短くてすみます。ただし、比較的新しいレーザー機器のため、費用は割高になる傾向があります。

Q. ピコレーザーでのタトゥー除去の施術に何度も通うのはなぜですか?

A. タトゥーのある箇所や大きさ、範囲、インクの種類、色、深さなどによって、施術の回数は違ってきます。中には、1回の施術で十分な場合もありますが、平均して6~10回の施術となる場合が多いようです。

この治療では、ピコレーザーを照射して、色素の粒子を砕いていきますが、1回目の施術で砕いた粒子を2回目の施術でさらに細かく砕き、3回目の施術ではそれをまたさらに細かく砕き…ということをくりかえして、色を少しずつ薄くしていきます。このようにして、色が見えなくなるまで、照射を繰り返す必要があるため、施術に何度も通うことになります。

Q. 治療が終わった後の肌は、最初から何もなかったような肌に戻るのですか?

A. ピコレーザーでのタトゥー除去治療後は、タトゥーの色素はほぼきれいに消えますし、ピコレーザー治療による傷跡も残りにくいです。しかし、タトゥーを入れた時にできた傷跡がタトゥーの形に残ります。また、患部の肌の色素が壊され、周りの肌よりも白くなることがあります。そのため、何もなかったように戻ることは稀だといえるでしょう。

Q. ピコレーザーの治療中や治療後の痛みが怖いのですが、大丈夫ですか?

A. ピコレーザー照射による痛みは、個人差もありますが、輪ゴムで肌を弾いているような程度の痛みと言われています。施術前に、麻酔クリームを使い、痛みを軽減することも可能です。施術前後にクーリングジェルで患部を冷やしたり、施術中に冷却風をあてたりして、痛みを軽減することもあります。治療後には、日焼けした時のような火照った感じがありますが、2~3日で治まることが多いようです。

Q. 施術後に通院する必要はありますか?

A. 基本的に施術後は、通院の必要はありません。施術後は、患部にステロイド薬を塗って、その上からテープを貼ります。自宅では、1週間、テープの上から塗り薬を塗るアフターケアをする必要がありますが、それほど大変なケアではありません。ダウンタイムは、1~2週間です。ただし、一度の施術で消えない場合には、再度病院に訪れる必要があるでしょう。

Q. 施術の際に出血はありますか?

A. 出血は照射直後からありません。ピコレーザーでの治療は、メスを使わず、レーザー光線を照射して、皮膚の内部の色素に働きかけるものなので、出血することはありません。

Q. ピコレーザーでのタトゥー除去治療には、健康保険は適用されますか?

A. ピコレーザーでのタトゥー除去治療は、自由診療の扱いになるため、健康保険は適用されません。しかし、1年間に医療費が10万円を超えた場合に適用される、医療費控除の対象にはなります。そのため、領収書を保管しておいて、年末調整の際に提出すれば、控除を受けることができます。

Q. 外科治療やレーザー治療のほかに、タトゥーを消す方法はありますか?

A. 消す方法ではありませんが、シールやクリームなどで「隠す方法」はあります。耐水性で通気性もよく、はがれにくい「タトゥー隠し専用の肌色のシール」があり、一時的に隠す場合には便利です。このシールで、広範囲のタトゥーを隠すことはなかなか難しいですが、ワンポイントのタトゥーなら、簡単に隠せます。しかし、シールは隠すだけのものなので、根本的にタトゥーを消したい場合は、他の方法を考えましょう。

また、シミを薄くする効果がある美白クリームのような「タトゥー除去クリーム」もあります。クリームを塗って乾かすだけで、タトゥーの色素が少しずつ薄くなっていくというものです。ただし、海外製品の者が多く、日本国内で認可されていない成分が入っている可能性があり、安全性が十分とは言い切れません。

タトゥー除去が受けられる
東京おすすめクリニック3選

     
芦屋美容クリニック銀座院
芦屋美容クリニック院長画像
5cm*5cm(25cm2)
40,000円(税別)

芦屋美容クリニック銀座公式

芦屋美容クリニック銀座に電話

新宿中央クリニック
新宿中央クリニック院長
5cm*5cm(25cm2)
40,000円(税別)

新宿中央クリニック公式

新宿中央クリニックに電話で質問

     
ピコビューティークリニック新宿
ピコビューティークリニック新宿院長
5cm*5cm(25cm2)
42,000円(税別)

ピコビューティークリニック公式

ピコビューティークリニックに電話で質問

【各クリニックのお問い合わせ先】

芦屋美容クリニック銀座院:03-6263-8508/ ルーチェ東京美容クリニック:0120-822-188/ 銀座みゆき通り美容外科:0120-858-800/ 東京美容皮膚科クリニック:03-5777-0038/ 湘南美容クリニック 新宿本院:0120-5489-40/ クリニックビザリア:0120-625-257/ 東京皮膚科・形成外科:03-3545-8000/ 秋葉原中央クリニック:0120-119-877/ 秋葉原フロンティアクリニック(旧:秋葉原F2クリニック):03-6206-4420/ 新宿中央クリニック:0120-669-980/ 川崎中央クリニック:0120-190-929/ 四谷見附クリニック:03-5360-7711/ 藤沢美容外科クリニック:0120-569-125/ シャルムクリニック:047-710-7788/ 大宮中央クリニック:0120-077-645/


ピコレーザーのタトゥー除去に対する効果