東京・大阪ピコレーザー対応クリニック » ピコレーザーとは?

ピコレーザーとは?

ここでは、ピコレーザーの基本情報を紹介。ピコレーザーの効果や機械の種類、費用、治療回数、ダウンタイム、副作用についてまとめています。実際にピコレーザーを体験した人の口コミも掲載しています。

そもそもピコレーザーとは

効果

まず気になるのはその効果。ピコレーザーを受けることで、どのような効果が得られるのでしょうか。

ピコレーザーの効果は大きく「美容」「タトゥー除去」に分けられます。

美容面においては、ピコレーザーを使用することで、シミやそばかす、肝斑、シワなどの改善が期待できます。これまで主流だったレーザーよりも施術時間が大幅に短いため、体への負担も軽く、痛みも少ないといわれています。

ピコトーニングやピコフラクショナルの治療も行うことができ、従来のレーザーと比べて、少ない回数の通院で、より高い効果を得ることができます。

タトゥーの治療においては、これまでのレーザーでは、黒などの特定の色だけだったのが、ピコレーザーでは、黒のほか、茶、青、緑、紫、赤、オレンジ、黄などの色にも反応できるようになり、カラータトゥーの除去にも対応できるようになりました。

ピコレーザーのメリット・デメリットとは

Qスイッチナノ秒レーザーなど、肌の悩みにアプローチするために用いられていた従来のレーザー機器よりも機能において優れているといえるピコレーザー。ここでは、ピコレーザーがもつ代表的なメリット、あわせて理解しておきたいデメリットについても説明しています。

メリット1.肌へのダメージが少なめ

ピコレーザー治療には、従来のレーザー治療よりも、肌に与えるダメージを抑えられるというメリットがあります。Qスイッチレーザーなどと異なり、低い照射エネルギーを利用した衝撃波で肌に働きかけます。加えて、ピンポイントでの照射が可能なので、照射部位のまわりの肌組織へのダメージはほぼゼロです。また、小さな色素粒子を破壊できるので、肌の悩みに対してしっかりとしたアプローチができます。

つまり、ピコレーザーとは、シミやそばかす、タトゥーなど、狙った部位のみにバッチリ働きかけることができる、「肌にやさしいレーザー機器」であるといえるのです。

メリット2.肌トラブルを起こすリスクをおさえられる

メリット1.とも関係があるのですが、ピコレーザー治療は、治療による肌トラブルが発生するリスクが従来に比べても低い傾向にあります。狙った肌の部位のみに、ダメージを抑えつつ優しく働きかけるため、施術直後、あるいはアフターケアの途中でなんらかの問題が起こる可能性が低くなるわけです。効率的な施術であるため、施術回数を減らせるのも、その理由のひとつだといえるでしょう。

やけどや水ぶくれ、あるいは、せっかく治療したシミなどが再発したように見えてしまう炎症後色素沈着なども起こりにくくなります。

デメリット1.色素沈着が起こるケースも

肌の問題を改善しようとピコレーザー治療を受けたのに、レーザー照射によって刺激したために患部が色素沈着を起こしてしまう可能性もあります。ピコレーザーも万能ではないため、色素沈着の場合、簡単に除去することは困難です。少しでも色素沈着を改善するためには、じっくりと体内から働きかけてケアしていくことが大切です。

デメリット2.治療後の肌トラブル

メリットで紹介した内容と少し矛盾はしますが、肌に影響を与える以上、一過性の肌荒れなど、治療後に何らかの問題が発生する場合もゼロではありません。具体的には、ニキビが悪化したり、赤いブツブツができたり、皮膚の白い盛り上がりができたりします。可能性が限りなく低いですが、やけどが起こるケースもあります。ただ、時間が経過すればたいてい改善するもの。治療後の症状がどうしても気になった場合には、早めに医師に相談することが大切です。

機械の種類

ピコレーザーにはいくつかの種類があります。ここでは、ピコシュア、ピコウェイ、エンライトン、ディスカバリーピコ、スペクトラピコの5つの機械をピックアップ。それぞれの特徴と、改善が期待できる肌のお悩みについてまとめています。

ピコシュア

米国FDAの認可を受けたレーザー機器

ピコシュアは、FDA(アメリカ食品医薬局。日本の厚生労働省に該当します)から、シワやニキビ跡など、幅ひろい治療において認可を受けている唯一のレーザー機器です。そのため、このピコレーザーが、一定の効果が期待できるだけでなく、安全性についても高く評価されていることがわかります。肌の表面にレーザーを照射するだけではなく、その奥の真皮層にまでしっかりとアプローチできるのため、「肌の悩み改善」が期待できるのが魅力です。

アレキサンドライトレーザーが搭載されている

ピコシュアには、アレキサンドライトレーザーが搭載されているピコレーザーです。アレキサンドライトレーザーは、755nmの波長をもっており、メラニンの吸光度が高いのが大きな特徴です。つまり、メラニン色素に反応しやすい性質であるため、メラニンが原因で発生する肌の悩みに働きかけることができるわけです。特に、シミやそばかす、くすみなどに対して、効率よくアプローチし、除去できる可能性が高いレーザー機器だといえます。

ピコウェイ

タトゥー除去にも対応した高性能機器

さまざまなピコレーザーの中でも優れた性能をそなえているのが、シネロン・キャンデラ社製の「ピコウェイ」です。ピコウェイは、肌に発生する「深在性及び浅在性色素性病変」を治療したり、タトゥーを除去したりするための装置として承認も得ています。

短いパルス幅で肌に優しい治療

ピコウェイは、パルス幅が300~450psと非常に短いのが大きな特徴です。パルス幅とは、照射時間のことです。パルス幅が短いと、結果的に、ピコレーザーを照射したい肌の部位以外への光熱作用をおさえやすくなります。つまり、とても短い時間でメラニンを破壊できるため、治療によって熱損傷した肌が炎症後色素沈着を起すリスクを下げられるのです。

エンライトン

ピークパワーが高い

エンライトンはピークパワーの高さが大きな魅力のひとつです。波長とパルス幅が同じことを前提とすると、ピークーパワーが高ければ高いほど、メラニンをはじめとする色素粒子を破壊しやすくなります。ターゲットをしっかりと狙って、しかも従来のレーザーよりも肌に優しい治療が可能になるわけです。数あるピコレーザーがもつピークパワーと比較しても、キュテラ社が製造するピコレーザーのひとつであるエンライトンⅢは、特にピークパワーが高い傾向にあるようです。

進化を続けるレーザー機器

エンライトンシリーズは、初代のタイプから、機能性の高さなどにおいて進化を続けています。エンライトンⅢには、3つの波長が搭載されています。1064nm、532nm、670nmの3つです。そのため、以前よりも、さまざまなタイプの肌の悩みに合うアプローチできるようになりました。特に、タトゥー除去治療においては、これまでの半分程度の治療回数で効果を期待できるようになりました。

また、エンライトンⅢは、熱エネルギーにムラがないのも魅力。ですから、強い刺激ではなく均一な刺激を与える治療をすることが大切な肝斑治療などでも重宝されています。

ディスカバリーピコ

出力ベレルの高さが魅力

ディスカバリーピコの最大の特徴は、出力レベルの高さです。出力レベルが高いため、弱いエネルギーを使い、かつ非常に短い時間のみの照射であっても、狙った肌の部位にしっかりとアプローチ可能。この特徴を利用して、なかなか除去できないでいる頑固なシミや濃いシミ、消すのが困難な色素沈着、手術痕などの治療にも用いられているピコレーザーです。

また、ピンポイントに絞った照射に設定を変更することで、高い威力を発揮するのがディスカバリーピコのもうひとつの大きな特徴です。施術範囲は狭まりますが、設定次第でより高い効果を期待できるでしょう。

第二世代ピコ秒レーザー

ディスカバリーピコは、「第二世代ピコ秒レーザー」ともいわれているレーザー機器です。1064nm・532nmのNd:YAG2波長レーザー源が搭載されています。そして、「ピコ秒モード」「Qスイッチモード」「フォトサーマルモード」を実現できる数少ないピコレーザーです。患者さんの症状に合わせて、よりスピーディーな治療やキレイな仕上がりを目指せるようになっています。

スペクトラピコ

肝斑の再発をおさえられる

ルートロニック社が製造している医療用レーザーです。スペクトラピコなら、Qスイッチモードを使って、特定のメラニン色素を、短い照射時間で破壊していくアプローチが可能です。また、高いピークアワーでメラニンをしっかりと破壊させられるので、肝斑の再発を防止するためにも使用されています。他にも、加齢が原因で発生するシミや日焼けによる肌トラブル、あざなどの状態を改善するための治療でも活躍しているピコレーザーです。

タトゥー除去に強い

スペクトラピコは、多くの波長を使用できるのが魅力です。1064nm、660nm、595nm、532nmの4つです。波長の種類が豊富な分、さまざまな色素に対応しやすいので、タトゥーの除去治療で非常に重宝されます。黒や茶色など、難易度が高い色を含め、ほぼすべての色に反応するため、マルチカラーのタトゥーにも対応可能です。

ピコレーザーの費用相場とは

これまでのレーザーと比べて効果が高い、痛みが少ない、通院回数が少ないなど、メリットの多いピコレーザーですが、メリットが多いと気になるのが費用面。ピコレーザーの費用の相場や、総合的に見たコスパ、お得に施術を受ける方法について紹介しています。

ピコレーザーでかかる治療回数とは

ピコレーザーは、従来のレーザーに比べて、通院回数が少なくてすむといわれています。シミや肝斑などの美容施術の場合とタトゥー除去の場合の平均的な治療回数について紹介しています。参考にしてみてください。

ダウンタイム

体への負担が少ないといわれるピコレーザーですが、ダウンタイムについてはどうなのでしょうか。これまでのレーザー治療では、1週間から10日ほどのダウンタイムが必要だとされてきましたが、ピコレーザーは、従来のレーザーに比べて、ダウンタイムが大幅に軽減されています。

副作用

メリットばかりのように見えるピコレーザーですが、副作用はあるのでしょうか。美容施術とタトゥー除去、それぞれの場合に考えられる副作用についてまとめています。従来のレーザー治療で起こりうる副作用とも比較してみました。

ピコレーザー体験

実際にピコレーザーを体験した人の口コミを紹介しています。効果があった、受けてよかった、という人はもちろん、効果が感じられなかった、痛い、料金が高いなど、施術を受けて失敗したと感じた人の口コミも掲載。ピコレーザーの治療を考えている人は、ぜひチェックしてみてください。

ピコレーザー治療後の色素沈着対策

肌のさまざまな悩みに対して効率的な働きかけをしてくれるピコレーザーですが、治療後の肌のお手入れは非常に重要です。放っておくと、色素沈着が残ってしまう可能性が高くなってしまいます。照射を受けた肌の部分を紫外線から徹底的に保護するのが基本的なケアのひとつ。また、紫外線を避けるべき理由についてもまとめています。その他にも、あわせて受けるのがおすすめな施術やメラニンの生成をおさえてくれる内服薬などについても紹介しています。

ピコレーザーとqスイッチとの違い

現在治療で用いられているレーザー機器は複数のタイプがあります。その中で、ピコレーザーとqスイッチ付きのレーザーについて違いを分かりやすく解説。2つの違いをよりスムーズに理解できるようにするために、レーザー機器が発する光の波長やそれぞれの波長が反応する色、さらには照射時間についても簡単にふれています。肌へのダメージをいかにおさえ、そして効率的にシミやアザ、タトゥーなどにアプローチできるかが熱心に研究されてきたかを実感できるはずです。

レーザー治療の選び方

レーザー治療とひとくちにいっても、その目的や使用するレーザー機器、治療にかかる費用など、さまざまです。また、治療そのもの以外の面でも、レーザー治療を行う医師の専門分野や、医師の人柄、さらには受けたい治療が「保険診療適用なのかそれとも自費診療なのか」など、ぜひ確認しておきたいポイントがいくつかあります。ここでは、その中からレーザー治療を受けたあとに後悔しないようにするためのポイントを、大きく4つに分けて紹介しています。

セルフで使えるピコレーザー?

レーザー治療のための最新機器として注目を集めているピコレーザー。ただ、ピコレーザーを用いた治療にかかる料金はまだ高いため、金銭面などから施術をためらうかもしれません。そのような背景もあり、一部の通信販売などでは、まるで家庭で使えるセルフピコレーザーのようなうたい文句で紹介されている商品が見受けられます。通信販売などで購入できるの「ペンのような形状をしたピコレーザー」が実際に試す価値があるのかについて説明しています。

ピコレーザー治療の痛みについて

レーザー治療を受けた方の口コミなどで見かけるのが「レーザーを照射されたときに、ゴムで弾かれたような痛みがありました」といった感想。ただ、レーザーとひとくちにいっても、さまざまな種類があるため、どのタイプのレーザーを用いた治療の感想であるかは不明な口コミ評判も少なくありません。レーザーの中でも最新タイプといえるピコレーザーの場合はどうでしょうか。治療にともなう痛みがどのようなものであるかについて、説明しています。

ピコレーザーとルビーレーザーの違いを解説

従来から用いられてきたルビーレーザーと、ルビーレーザーよりも後に普及したレーザー機器であるピコレーザー。これら2タイプのレーザーには、どのような違いがあるでしょうか。特徴や機能面での違いがクリアになるように、カラータトゥーを除去するための治療でそれぞれのレーザーを利用するケースをベースに比較してみました。それぞれにメリットおよびデメリットがあるので、治療方法を迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

ピコレーザー治療の流れ

ピコレーザー治療を受ける場合、どのような流れになるかを説明。カウンセリングの手順や注意点など、治療前のプロセスもまとめています。治療については、一例として、麻酔を使用する場合の手順を紹介しています。記事の最後では、治療後の流れとアフターケアの重要性についてもまとめました。クリニックによって、ピコレーザー治療の流れは細かい点で異なる可能性がありますが、大まかな流れがわかるようになっています。ぜひ参考にしてみてください。

「光治療」と「レーザー治療」の違いとは?

光治療とレーザー治療は、どちらも肌に光を照射して症状にアプローチする方法です。そのため、共通している部分が多く、どこが違うのか分かりにくいかもしれません。最も大きな違いだといえるのは、パルス幅と波長の種類です。これらを説明した上で、治療の特徴やメリット・デメリットなどから、それぞれの違いを紹介しています。また、光治療で使う機器は多数のタイプがあり、機能や用途などが異なります。日本人の医師が日本人の肌用に開発した「ライムライト」を含め、いくつかの機器について解説しています。ピコレーザー治療をより詳しく知るためにもぜひ押さえたいポインです。

レーザー治療で失敗しないために

レーザー治療は、さまざまな肌のトラブルや悩みに対応できる、心強い治療方法です。ただし、肌に光を照射して、メラニン色素を破壊したり、あるいは、肌に点状の穴をあけて真皮層に働きかけたりするなど、ある意味「パワフルな治療」であるともいえます。そのため、やや手軽な治療であるというイメージもありますが、油断は禁物です。治療を受ける前に、しっかりとカウンセリングを受けて肌の状態を医師に正しく理解してもらうことが大切です。この記事では失敗を遠ざけるためのポイントについて触れています。

東京で受けたい!ピコレーザーおすすめクリニック3選 関西で受けたい!ピコレーザーおすすめクリニック3選

【各クリニックのお問い合わせ先】

芦屋美容クリニック:03-6263-8508/ ルーチェ東京美容クリニック:0120-822-188/ 銀座みゆき通り美容外科:0120-858-800/ 東京美容皮膚科クリニック:03-5777-0038/ 湘南美容クリニック 新宿本院:0120-5489-40/ クリニックビザリア:0120-625-257/ 東京皮膚科・形成外科:03-3545-8000/ 秋葉原中央クリニック:0120-119-877/ 秋葉原フロンティアクリニック(旧:秋葉原F2クリニック):03-6206-4420/ 新宿中央クリニック:0120-669-980/ 川崎中央クリニック:0120-190-929/ 四谷見附クリニック:03-5360-7711/ 藤沢美容外科クリニック:0120-569-125/ シャルムクリニック:047-710-7788/ 大宮中央クリニック:0120-077-645/ みずほクリニック:03-3987-1161/ 聖心美容クリニック:0120-509-905/ 東京美容医療 クリニック:03-6709-2656/ 東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ:03-5413-0082/ 芦屋美容クリニック:0797-25-7678/ いっかく皮膚科:079-239-7716/ 大阪雅美容外科:06-6212-9299/ きぬがさクリニック:0210-77-5511/ 神成美容外科:078-242-4380/ 神戸中央クリニック:078-325-1291/ 湘南美容外科 大阪梅田院:0120-548-991/ 心斎橋DualClinicSHINSAIBASHI:0120-968-692/ Wクリニック:06-6244-3030/ ツツイ美容外科:0120-628-144/ 山本クリニック(ソフトメディ):0120-48-43-25


ピコレーザーのタトゥー除去に対する効果