東京・大阪ピコレーザー対応クリニック » ピコレーザーとは? » ピコレーザーの効果

ピコレーザーの効果

ピコレーザーによってできる治療について紹介。従来のレーザー治療との違いについてもまとめています。

ピコレーザーの効果とは

ピコレーザーは、ピコ秒(1兆分の1の秒)で照射するため、これまでのレーザーと比べて、パルス幅が短く、弱い出力でも効果を発揮してくれます。そのため、肌の負担も軽くなりますし、痛みも少なくてすみます。

ピコレーザーは、シミやそばかす、肝斑の治療に効果的です。これまで、かえって悪化してしまうという理由から、レーザーによる肝斑治療は不向きだといわれてきました。けれども、ピコレーザーは、短い時間での照射ができ、弱い出力でも皮膚の深部に届くため、メラニン色素も微粒子サイズにまで粉砕できます。そのため、色素沈着のリスクも軽減され、治療回数も少なくすむため、肝斑の治療も可能になったと考えられています。

そのほか、ADM、太田母斑、蒙古斑などのアザや、毛穴の開き、ニキビ痕、シワなどの改善にも効果があるといわれています。

また、ピコレーザーは、タトゥーの除去にも高い効果を発揮。ピコレーザーは、複数の波長を搭載しているため、波長を使い分けることで、黒や茶、青、紫、緑、赤、オレンジ、黄など、ほとんどのカラーに対応できます。

これまでにレーザーでタトゥーの除去を試みたものの、残ってしまったという場合や、深部にある色でも治療可能です。

ピコトーニング

低出力のレーザーを均一に照射することで、メラニン色素を減らし、美白効果を得るレーザートーニングの治療も、ピコレーザーを使って行うことができます。

ピコレーザーを使うことで、従来のレーザーよりも照射時間が大幅に短くなり、周辺組織のダメージを抑え、痛みも軽減されます。

また、施術時間も短いことから、通院回数も従来のレーザー治療よりも半分近く、短縮することが可能に。

真皮内部にまでレーザーが届くことで、コラーゲンの生成を促し、美肌効果も期待できます。

ピコフラクショナルレーザー

フラクショナルレーザーとは、レーザーを点状に照射することで、目に見えないほど小さな穴を開け、その傷を治そうとする力で、肌を再生させるという治療です。これを、ピコレーザーを使って行うことができます。

従来のレーザーでは、効果を実感するためには3~5回の通院が必要とされていましたが、ピコフラクショナルレーザーでは1~3回の通院ですみます。

また、2~3日ほどあったダウンタイムも、ピコフラクショナルレーザーでは、1日ほどとなっています。

東京で受けたい!ピコレーザーおすすめクリニック3選 関西で受けたい!ピコレーザーおすすめクリニック3選

【各クリニックのお問い合わせ先】

芦屋美容クリニック:03-6263-8508/ ルーチェ東京美容クリニック:0120-822-188/ 銀座みゆき通り美容外科:0120-858-800/ 東京美容皮膚科クリニック:03-5777-0038/ 湘南美容クリニック 新宿本院:0120-5489-40/ クリニックビザリア:0120-625-257/ 東京皮膚科・形成外科:03-3545-8000/ 秋葉原中央クリニック:0120-119-877/ 秋葉原フロンティアクリニック(旧:秋葉原F2クリニック):03-6206-4420/ 新宿中央クリニック:0120-669-980/ 川崎中央クリニック:0120-190-929/ 四谷見附クリニック:03-5360-7711/ 藤沢美容外科クリニック:0120-569-125/ シャルムクリニック:047-710-7788/ 大宮中央クリニック:0120-077-645/ みずほクリニック:03-3987-1161/ 聖心美容クリニック:0120-509-905/ 東京美容医療 クリニック:03-6709-2656/ 東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ:03-5413-0082/ 芦屋美容クリニック:0797-25-7678/ いっかく皮膚科:079-239-7716/ 大阪雅美容外科:06-6212-9299/ きぬがさクリニック:0210-77-5511/ 神成美容外科:078-242-4380/ 神戸中央クリニック:078-325-1291/ 湘南美容外科 大阪梅田院:0120-548-991/ 心斎橋DualClinicSHINSAIBASHI:0120-968-692/ Wクリニック:06-6244-3030/ ツツイ美容外科:0120-628-144/ 山本クリニック(ソフトメディ):0120-48-43-25


ピコレーザーのタトゥー除去に対する効果